種別:ペプチド

性格傾向:情緒安定、人懐っこい。

役割:脳の疲れを癒す、気分を安定させる、人に対する信頼感が増す、心地よい幸福感をもたらす。
発達障害、自閉症患者に症状改善の効果があると言われている。

過剰時の影響:依存など。

減少時の影響:不信感、倦怠感、不安など。

摂取方法:ペプチドはタンパク質で構成されているので、大豆、牛乳 、チーズ 、卵 、肉類 、魚介など。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

脳に操られてる!?神経伝達物質と性格

神経伝達物質に関するまとめ。シナプス(神経細胞間)で情報伝達を介在する物質である。シナプス前細胞に神経伝達物質の合成系があり、シナプス後細胞に神経伝達物質の受容体がある

このまとめを見る