種別:糖質コルチコイド

役割:炭水化物、脂肪、およびタンパク代謝を制御する。ストレス刺激によっても分泌する。

過剰時の影響:血圧、血糖値の上昇。不快感。慢性的になると脳の海馬を萎縮させるなど。

減少時の影響:血圧、血糖値の低下、倦怠感、免疫低下など。

摂取方法:調査中

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

脳に操られてる!?神経伝達物質と性格

神経伝達物質に関するまとめ。シナプス(神経細胞間)で情報伝達を介在する物質である。シナプス前細胞に神経伝達物質の合成系があり、シナプス後細胞に神経伝達物質の受容体がある

このまとめを見る