種別:アミノ酸

性格傾向:おとなしい、繊細、マイペース

役割:主に抑制性の神経伝達物質として機能する。

過剰時の影響:健忘を誘起するといわれている。

減少時の影響:不安や不眠、てんかん発作、恐怖症、強迫神経症、不安神経症など。

摂取方法:グルタミン酸が前駆体なので
昆布、チーズ、緑茶、しいたけ、トマト、魚介類など。
ビタミンB6も同時に摂取する事が望ましい。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

脳に操られてる!?神経伝達物質と性格

神経伝達物質に関するまとめ。シナプス(神経細胞間)で情報伝達を介在する物質である。シナプス前細胞に神経伝達物質の合成系があり、シナプス後細胞に神経伝達物質の受容体がある

このまとめを見る