脳の神経細胞には木の枝のような樹状突起と、1本の長い軸索が付いています。神経細胞同士が情報のやりとりをする場所をシナプスといいます。
神経細胞の中で情報は電気信号となって伝わりますが、電気信号が軸策の末端までくると、シナプス小胞という袋が破れて神経伝達物質が放出され、隣接する神経細胞の受容体で結合することで情報が伝わります。

出典どうして起こるの?/脳の生化学的仮説 | 理解する | 統合失調症ナビ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

脳に操られてる!?神経伝達物質と性格

神経伝達物質に関するまとめ。シナプス(神経細胞間)で情報伝達を介在する物質である。シナプス前細胞に神経伝達物質の合成系があり、シナプス後細胞に神経伝達物質の受容体がある

このまとめを見る