1. まとめトップ

一体これ何?幸せの青い卵がマジでうまそう

「アローカナ」という鶏はとっても珍しい卵を産むんです。それがなんと青い卵!!別名「幸せの青い卵」とも呼ばれるアローカナ卵、いったいどんな味なんでしょうか?

更新日: 2018年07月30日

5 お気に入り 166265 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■アローカナとは?

青い卵を産む珍しい鶏のことです。一年間で産卵する卵の数は、普通の鶏の半分程度となっており、この青い卵はとても貴重な卵なのです。

これがアローカナが生む珍しい卵です。まさに青い卵ですね。
また別名『幸せの青い卵』とも呼ばれています。

黄身は弾力性があり、手でつまんでも崩れないほどです。
シンプルに卵賭けご飯で、食べるととてもおいしそうですね。

こちらが青い卵を産む鶏アローカナです。
南アメリカ、チリ産の鶏です。その姿は耳羽が大きく尾がないのが特徴です。

チリのアラウカノ族が飼育していた品種で、コロンカとクエトロを交配させた鶏です。

今放送してる料理対決の番組でアローカナっていう鶏の卵が青いっていうのが出た瞬間母が「こんな卵アローカナ(あろうかな)」って言ったのが衝撃的だったのだろうか、左手が震えだした

こんなことアローカナとお手玉にしたら青玉の黄身はやぶれるのか…

アローカナの卵美味しそう……。つな天で早く飼いたいなぁ……

青い卵めっちゃうまそう!!!黄身すごいオレンジ!!!!!!掴めてる!!!割れない!!!1パック千円だてじゃねえ!!!!!!

■アローカナ卵の栄養とは

■アローカナの卵はなぜ青いのか?

色素の違いにより、卵の色が決まります。ちなみに赤玉の場合は血液と同様の色素(プロトポーフィン)、青色の卵の場合は胆汁と同様の色素(オオシアン)の色です。

■アローカナの卵はどこで手に入るの?

日本では主に千葉県や北海道、福岡等で飼育されている

1