1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

岡本夏生もうテレビに出ることはないと思う」と、テレビからの引退を示唆した

20代の頃を振り返り、当時は「年収2億円を稼いでいた」と語った。
同番組「夕刊ベスト8」のコーナーでは、日刊ゲンダイの「ジェネレーションZ」についての記事を取り上げた。
「ジェネレーションZ」とは、1985年から1992年のバブル期に生まれた22歳~29歳の世代のことだそうで、この世代は挨拶もするし、指示にもきちんと応じるものの、上の世代からはどこか熱意が足りないように見えるというのだ。
その理由の一つに、複雑な家庭環境を経験している人が多く、安定に憧れを持っていることから消極的になっているのではないかという記事内容を紹介。

岡本は「自分の22歳~29歳を思い出すとね、まぁそれは時代もありますけど、ホントにいい時代でね」と回顧しはじめた。

1 2