1. 政府は水循環基本計画を定め、5年ごとに見直す。
2. 具体的な規制・罰則を明記した個別法を整備する。

※ なお、具体的な規制(地下水の揚水規制など)を定めている、地方自治体による条例は、現在でも、いくつか存在する。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【水資源】 水循環基本法が成立。中国などの外国資本による森林買収を規制できるか!?

日本の水資源保全に関する「水循環基本法」が平成26年3月27日の衆院本会議で可決、成立した。中国などの外国資本による水源地(山林)買収を規制できるのか?検索用{中国、外国資本、外資、森林、山、水源、買収、地下水)

このまとめを見る