1. まとめトップ
  2. 雑学

【今更聞けない】韓国には大統領だけじゃなく首相もいたの?

旅客船沈没事故で、韓国の鄭首相が辞意表明しました。このニュースを見て、「韓国には大統領だけではなく首相もいたのか」と驚いた方も多いのではないでしょうか?

更新日: 2014年04月28日

3 お気に入り 19981 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

njip.fibさん

旅客船沈没事故で、韓国首相が辞意を表明

韓国の鄭ホン原(チョン・ホンウォン)首相は27日、緊急記者会見を開き、旅客船「セウォル号」沈没事故の責任を取るとして辞意を表明した。

鄭氏は同日午前、緊急記者会見を開き「事故前の予防から初動対応、収拾過程まで多くの問題に的確に対処できなかった」と述べた。その上で「国民に謝罪し、責任をとる」と辞意を表明した。

朴槿恵大統領は辞任を認める方針

韓国大統領府によると、朴槿恵(パク・クネ)大統領は、事故収拾の後に辞任を認める方針という

韓国は大統領制、首相がナンバー2

韓国は言わずとしれた大統領制の国。韓国の政治は、行政・立法・司法の三権分立体制をとっていて日本と同じですが、大統領に強力な権限が与えられていたり、国会が単院制など、日本とは異なる部分もたくさんあります。

メンバーは、大統領と、大統領が任命する国務総理(首相)、そして国務総理が提案して大統領が任命する国務大臣。
あくまで大統領がトップで、その下に首相、大臣とつづくというかたちです。

日本は議院内閣制

この違いは、国の採用するシステムが「大統領制」か「議院内閣制」かに基づくとされます。米国や韓国は大統領制で、日本やイギリスは議院内閣制です。行政の最高機関が大統領なのが大統領制で、内閣なのが議院内閣制です。

議院内閣制とは、国会の信任にもとづいて内閣がつくられ、内閣が国会に対して責任を負うしくみをいいます。

内閣総理大臣は国会が指名して天皇が任命することになります。

国会で誰を指名するかは、衆議院と参議院でそれぞれ多数決で決めます。
両院とも同じ人を指名すれば、たいていの場合その人にきまります。
両院でそれぞれ別の人を指名した場合は、両院協議会を開いて妥協案を話し合います。
それでも決まらない場合は、衆議院の優越により、衆議院の案が採用されます。

日本の首相は、国民が選んだ国会議員が、選んだ首相です。

一方、大統領制とは

(1) 行政府の長であり、国家元首でもある大統領が国民によって選ばれる
(2)大統領および閣僚は国会議員との兼職はできない
(3)大統領は国会から責任を追及されず、また大統領が国会を解散することもできない

大統領と首相の両方が存在する韓国

韓国では、大統領制を採用しているが、その行政府は、議院内閣制の要素が加味されており、アメリカ型の大統領制と異なる。

ここでちょっとややこしいのが、大統領と首相の両方が存在する国があることです。韓国のリーダーは大統領だと説明しましたが、実は大統領のほかに首相もいます。なぜ大統領と首相の両方が存在するかというと、それぞれ役割が違うからです。

大統領と首相が両方存在する国の場合、より力を持っているのは国民が直接選んだ人で、韓国の場合は大統領です。首相は大統領が任命し、大統領の下で命令を受けて仕事をします。そのように大統領と首相の役割は違っているのです。

他にもある、大統領と首相の両方が存在する国

・フランス
 大統領:国民の投票
 首相:大統領が任命か、議会から選出
 権限:大統領

・ロシア
 大統領:国民の投票
 首相:大統領が任命
 権限:大統領

・ドイツ
 大統領:国民の投票
 首相:議会から選出
 権限:首相

ドイツのトップは首相

やはり、大統領に強大な権力を与えていて、それをヒトラーが利用したのが問題の1つではないか、と考えられたため、現在も大統領が存在しているものの、あくまで儀礼的な存在であり、実質的な国家のトップは首相です。

日本のように首相だけの国、アメリカのように大統領だけの国、そして両方が存在する国など、国によって大きく異なるので注意する必要があります。

1 2