時間と空間に関する宇宙の限界
 全ては分割不可能な原子から構成されている(略)という理論
 普遍的な因果性に関する自由の問題
 必然的な存在者の実在

出典フリー百科事典「ウィキペディア」、二律背反のページから引用

カントは、これら「究極の問題」に対してイエス/ノーどちらで答えても対立する見解を排除できないという、二律背反(アンチノミー)を打ち出しました。それまでの哲学的言説はそのどれかに収まっています。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

《大学入学共通テスト倫理》のためのイマヌエル・カント

センター試験の倫理科目のために哲学者を一人ずつ簡単にまとめています。イマヌエル・カント(1724~1804)。キーワード:「アンチノミー」「理性」「超越論的」「定言命法」「ドイツ観念論」主著『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』『永久平和のために』

このまとめを見る