イマヌエル・カントの批判哲学およびそれに対するフリードリヒ・ハインリヒ・ヤコービの批判に刺激され、神または絶対者と呼ばれる観念的原理、の自己展開として世界および人間を捉えることをその特徴とする。

出典フリー百科事典「ウィキペディア」、ドイツ観念論のページから引用

フィヒテ、シェリング、ヘーゲル、ヘルダーなどの哲学者を分類するのが「ドイツ観念論」です。ところで、カントは大陸合理論とイギリス経験論を総合したと言われますが、めちゃくちゃ観念的(というか観念というものの真理性を打ち立てた)な哲学なので、「ドイツ観念論」を生んでいることはすごく自然だと思う。センター倫理的には、ヘーゲルへの予習として知っておく知識だと思います。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

《大学入学共通テスト倫理》のためのイマヌエル・カント

センター試験の倫理科目のために哲学者を一人ずつ簡単にまとめています。イマヌエル・カント(1724~1804)。キーワード:「アンチノミー」「理性」「超越論的」「定言命法」「ドイツ観念論」主著『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』『永久平和のために』

このまとめを見る