学科の星屋です。センター倫理の小ネタ。カントの『純粋理性批判』など、哲学書で有名なドイツの出版社を「マイナー出版社」と言う。これは創業者がフェリックス・マイナーであることが由来で、哲学がマイナーだと自嘲しているわけではない。

返信 リツイート いいね

カント自身の小ネタでないのはご容赦です。規則正しい生活を送り、人格的にすぐれ、快活で、独身であるというカントは、小ネタ要素が少なめです。

前へ

この情報が含まれているまとめはこちら

《大学入学共通テスト倫理》のためのイマヌエル・カント

センター試験の倫理科目のために哲学者を一人ずつ簡単にまとめています。イマヌエル・カント(1724~1804)。キーワード:「アンチノミー」「理性」「超越論的」「定言命法」「ドイツ観念論」主著『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』『永久平和のために』

このまとめを見る