1. まとめトップ
  2. 雑学

【4月29日】なぜ「みどりの日」が「昭和の日」に改名されたの?その歴史的な意味とは

4月29日といえば、少し前までは「みどりの日」と呼ばれていた日だったのですが、最近は「昭和の日」に改名されたようです。ちなみに「みどりの日」は5月4日に移動したのだそうです。「みどりの日」が「昭和の日」に改名された理由には、歴史的な意味もあり、この祝日の改名の際には賛否両論あったそうです。

更新日: 2014年04月28日

shiro05さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
74 お気に入り 303950 view
お気に入り追加

4月29日って、いつから「昭和の日」になったのだろう?

・4月29日といえば、少し前までは「みどりの日」と呼ばれていた日だったのですが、最近は「昭和の日」に改名されたようです。ちなみに「みどりの日」は5月4日に移動したのだそうです。「みどりの日」が「昭和の日」に改名された理由には、歴史的な意味もあり、この祝日の改名の際には賛否両論あったそうです。

昭和の日(しょうわのひ)は、日本の国民の祝日の一つである。日付は4月29日。

多くの国民の要望を受けて、平成17年に国会で「国民の祝日に関する法律」(祝日法)が改正。平成19年(2007)より「昭和の日」とすることになったのです。

・「昭和の日」が制定されたのは実は最近の話…。確かに、幼少期の頃の記憶を辿ると、4月29日は「みどりの日」とされていたように記憶している人も少なくないのでは…。

もともとは昭和天皇・裕仁氏の誕生日が、崩御後に「みどりの日」とされてきた

この日は、裕仁氏が天皇として存命中には、戦前・戦中は「天長節」、戦後は「天皇誕生日」という法定祝日でした。

1989年(昭和64年)1月7日の昭和天皇崩御により、同年以降の4月29日はそれまでの天皇誕生日としては存続できなくなり、祝日法の天皇誕生日に係る項を改正する必要が生じた。

・天皇を務める人物が、先代の裕仁氏から、今の天皇である明仁氏に移行したのが1989年。このとき、4月29日は天皇誕生日ではなくなった。

天皇誕生日は今上天皇の誕生日である12月23日に改められることとなったが、ゴールデンウイークの一角を構成する祝日を廃止することによる国民生活への影響が懸念された

・そのため、昭和天皇・裕仁氏に関連付けた休日として「4月29日」を祝日のままにしておこうという話になったようです。

それまでの天皇誕生日である4月29日を「生物学者であり自然を愛した昭和天皇をしのぶ日」として「緑の日」とすることとなった。

・「みどりの日」とされていた時代でも、この「みどりの日」という祝日名は、やはり昭和天皇に関連した名称だったといえよう。

そして2007年、「みどりの日」から「昭和の日」に名称が変更された。

四月二十九日を「昭和の日」にとの言論は、「みどりの日」制定以来各界でなされ

・当初、「みどりの日」のまま、名称は変更しなくてもよい、との立場だった政府も、徐々に「昭和の日」の設定を真剣に議論するようになっていった

2007年よりこの日は「昭和の日」と改めらました。
 それは、「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いを致す」と言う意味合いからです。

同年以降の4月29日は「昭和の日」、従前の「みどりの日」は5月4日に移動した。

一方で「昭和の日」という名称には、複雑な思いを持つ意見の人たちもいて、賛否両論がある

・一方で「昭和の日」という名称には、複雑な思いを持つ意見の人たちもいます。そもそも、昭和時代といえば、戦争という暗い時代でもありましたから…。先の大戦でつらい思いをした多くの日本国民、そして韓国などのアジア諸国の人たちにとっては、「昭和の日」という名称にたいして複雑な思いを持つのも事実だろう。

「昭和」の時代にたいする国民の思いや認識はさまざまであり、とても「こぞって祝う」ことはできない事柄

・確かに、昭和時代といえば、戦争という暗い時代でもありましたから…。

1





shiro05さん



  • 話題の動画をまとめよう