1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

ゴースト作曲家・佐村河内守さん 楽譜が読めない書けない

譜面を読めない電子音楽家の企み:Murcof、クラシックの世界へ越境する
エレクトロニカ/ミニマルテクノの革新者として知られるMurcofが、クラシック音楽の祭典「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」に出演? 意外な取り合わせに思えるが本人に話を聞いてみると、さにあらず。クラシック音楽とエレクトロ・ミュージック、双方の音楽への深い愛情と理解をもってジャンルを橋渡しするメキシコの異才。その音楽にはテクノロジーと人類の未来を考えるヒントすら隠されているのだ。

マーコフ|Murcof
音楽家
1970年メキシコ・ティファナ出身。世界的人気を誇る同郷のアーティスト集団「Nortec Collective」への加入・脱退を経て、ソロ活動を開始。これまでにUKの「Leaf」レーベルから3枚のアルバムをリリースするほか、ジャズ・トランぺッターのエリック・トラファズ、ピアニスト/テクノ・ミュージシャンのフランチェスコ・トリスターノ、ヴィジュアル・アーティスト集団「AntiVJ」らとのコラボレーションでも知られる。本名であるフェルナンド・コロナ名義でも映画音楽などを手がける。

ゴースト作曲家・佐村河内守さんの代表曲

佐村河内守さんで思うこと

楽譜が読めない書けない・・耳の聞こえ難い作曲家
(難聴は声は聞こえても、言葉は聞き取れない)

健聴者なら学校で作曲は習えるが・・
独学で工夫するしかない。

楽譜は無理で独自の指示書は自然である。

身体障害者の中で二番目に多い難聴
国民の無理解でのイジメは知的障害の次に多い

聞こえないとウソを言うと・・
自殺する難聴者も多い

誰でも年を取れば難聴に・・
自分のためにも・・

難聴者の苦しみに理解を・・
家族に・・多くの方に話してください。

拡散してください。

1