1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

mototchenさん

中世の下着

ヨーロッパ中世東チロル貴族の下着

なんと「ふんどし」!!
でも庶民には伝わらなかった。

中世の東チロル(現オーストリア)の古城で2008年から始まった調査で発見されたブラ pic.twitter.com/prmZNdhLIq

>RT 残念ですがこの中世のひもパンは主に男性用です。お風呂に入る時などに使ったようです。 p.twipple.jp/UnZ45 p.twipple.jp/L6Kvd

19世紀ヨーロッパの下着

19世紀の下着の定番ユニオンスーツ。手首から足首までを覆うもので年齢、性別を問わず広く着用された。後ろには排泄用の大きめの開きがついていていちいち着脱の必要はない。 pic.twitter.com/8j3bZg1cbL

1920年代にアンダーシャツと紐やボタンで着用するズボン型の下着が登場すると、着脱の容易さや損耗時の交換の簡単さから広く普及していく。上下一体型の下着、ユニオンスーツは廃れていくが、その歴史の中でワンピースタイプや着脱に工夫をこらしたものなど様々なタイプがつくられていた。

パンツができた

現在では一般的な男性用下着となっているトランクス。1925年にボクシング用品メーカーのエバーラスト社がボクサー用のユニフォームのトランクスの腰回りに紐ではなくゴムを導入したものが現在のトランクスの原型。1930年代前半にブリーフが登場するとその人気に押されるようになる。

ボクサーのアンダーウェア参考サイト

ホワイトシャツはパンツの役目を兼ねた下着だった!

次の李家正文『糞尿と生活文化』1989 の証言はアメリカ人についてである

「いまもアメリカ人はワイシャツの下にシャツもブリーフも着けない。少し長めのワイシャツで隠しているだけである。」
p125

男性のワイシャツはもともと下着を兼ねていたので、長い裾をオシメのように前後で合わせて着ていたという話はどこかで聞いたことがありました(ワイシャツの裾の下のところにボタンが付いているのはその名残だそうです)が、まさか20世紀のロシア人たちがルパシカを同じように着ていたとは知りませんでした(第3章「ルパシカの黄ばんだ裾」)

明治の日本人男性は海外での洋装の際ふんどしを脱ぐはめになり大変に困ったそうです。

現在においても、欧米の伝統を重んじる上流階級の人たちの中には”Yシャツ”を下着扱いして、オフィシャルな場では、つまり公衆の面前では決して上着を脱がない人も多いのです。そのような人たちは当然ながら、”Yシャツ”の下には何も着ていません。
 19世紀頃の”Yシャツ”には、前後の長くなった部分が股間でボタン止め出来るようになっており、そのためか(衣料品にはあまり古い物は残っていないものなのですが)、当地の美術館等で時より見かける昔の”Yシャツ”の股間の部分は例外なく茶色くなっているように見えます...

映画マーヴェリックの幸運のシャツを洗うの意味は…w

マーヴェリックに掴まり、彼の「幸運のシャツ」を洗う

☆ マーヴェリック ☆ この作品のジョディはめちゃめちゃカワイイー!!そんな感じです^^;それに、この作品は笑いの連続です。ジョディにしては珍しい、コメディ映画です。 マーヴェリック(メル・ギブソン)はポーカーの名人。そのポーカーの大きな大会に出場するため、出場資金を手に入れながら会場へ向かう。その途中、これはこれは美人な女性アナベル(ジョディ・フォスター)と出会う。しかし、彼女もマーヴェリック

シャツテール(Shirt tail)
典型的なこの裾の形は、その原型がアンダーウエアだったことの名残を留めている。
本来アンダーウエアだったシャツは、後身頃のテールの先にボタンホールがあり、
前身ごろのテールの先についたボタンをかけて留めていた。
その裾が窮屈だったためカットされ、今日見られるようなデザインとなる。

1 2