■マスタードガスとは
主にチオジグリコールを塩素化することによって製造される。
また、二塩化硫黄とエチレンの反応によっても生成される。
純粋なマスタードガスは、常温で無色・無臭であり、粘着性の液体である。
不純物を含むマスタードガスは、マスタード(洋からし)、ニンニクもしくはホースラディッシュ(セイヨウワサビ)に似た臭気を持ち、これが名前の由来である(他にも、不純物を含んだマスタードガスは黄色や黄土色といった色がついている為に、マスタードの名が付けられたという説もある)。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

抗がん剤の起源

がんの治療で活躍するシクロホスファミドですが、この薬の開発には悲しい歴史があるのです。

このまとめを見る