出典 ayano_kanzakiさんがアップロード

マスタードガス被爆者には血圧低下や白血球減少などの症状

1943年12月2日、イタリアの連合国側の重要補給基地であるバーリ港にドイツ軍は爆撃を仕掛け、
輸送船・タンカーを始めとする艦船16隻が沈没した。その中のアメリカ海軍リバティー型輸送船「ジョン・E・ハーヴェイ号」には大量のマスタードガスが積まれており、
漏れたマスタードガスがタンカーから出た油に混じったため、救助された連合軍兵士たちは大量に被曝。
被爆者からは血圧低下や白血球減少などの症状が見られた。

この情報が含まれているまとめはこちら

抗がん剤の起源

がんの治療で活躍するシクロホスファミドですが、この薬の開発には悲しい歴史があるのです。

このまとめを見る