血球細胞(白血球など)とがん細胞には共通点は、どちらの細胞も増殖速度が正常細胞に比べて速いという点です。

アメリカ陸軍はこの事件およびマスタードガス被爆者のこのような症状から、
マスタードガスおよびナイトロジェンマスタードがX線同様に突然変異を引き起こす可能性が高いと考え、当時はX線照射療法しかなかった悪性リンパ腫の治療が試みられた。
マウスで成果が確かめられた後、1946年の8月には末期癌患者に対して新たに開発されたHN-3の塩酸塩が使用された。10日間の注射で、腫瘍は二日目から縮小し始めて二週間で消滅。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

抗がん剤の起源

がんの治療で活躍するシクロホスファミドですが、この薬の開発には悲しい歴史があるのです。

このまとめを見る