出典 ayano_kanzakiさんがアップロード

その毒性はナイトロジェンマスタードの半分以下であった。
ナイトロミンの塩酸塩は、日本では吉富製薬(当時。現在の田辺三菱製薬)により抗悪性腫瘍剤として販売された。
初期のアルキル化剤である。
(2014年現在ナイトロミンは日本では販売されていない。)

この情報が含まれているまとめはこちら

抗がん剤の起源

がんの治療で活躍するシクロホスファミドですが、この薬の開発には悲しい歴史があるのです。

このまとめを見る