1. まとめトップ
  2. ガールズ

超危険!みるみるうちに「まつ毛が抜けちゃう」NG習慣5つ

ウォータープルーフのアイラインやマスカラ、つけまつ毛などで、目元に負担をかけるメイクを毎日していませんか?毎日のメイクで、まつ毛には知らないうちに負担がかかっているかも?そんなまつ毛が抜ける恐れのあるNG習慣についてまとめてみました。

更新日: 2017年05月14日

270 お気に入り 342930 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aduminoさん

まずは、まつ毛の役割について復習を!

その主な働きとしては、目にゴミや埃などの異物が入らないように保護し、眼球へのキズや目の疾病を防ぐ役割があります。そのため、まつげは特に上の方がより発達していて、反り返って目から離れるように生えています。

まつ毛の毛周期は個人差があり、早い人で30日、遅い人で120日とされ、他の体毛と比較すると再生サイクルが早いのが特徴です。

日本人は、全体的に体毛が薄いこともあり、まつげの長さの平均は、5mm〜10mm程度。
人種によっても異なりますが、外国人の平均15mmと比較すると、やや短めなのが特徴です。

まつ毛が抜けちゃうNG習慣

1.使い古したビューラーを使う

ビューラーにとって大切な事の一つにゴムのケアがあります。
換え時は、目で見てひびや汚れが付いていないかどうかの確認を。
古いゴムをいつまでも使っていると、ひびにまつ毛が挟まって抜けたり、まつ毛が痛む原因になります。

まつげが抜ける原因で一番多いのが、ビューラーの使い方が間違っている。。
ということのようです。

ビューラーの間違いは、だいたい次の4つになります。

1.無理に力を入れすぎている
2.古いビューラーを使用している
3.ビューラーが合っていない
4.頻度が多すぎる

2.ホットビューラーの使い過ぎ

ホットビューラーも熱でまつ毛が傷んでしまうのでご注意を。

熱でカールさせるホットビューラーは、まつ毛の水分を奪って傷めてしまい、切れやすくなってしまいます。

ホットビューラーはやはり熱処理なので、まつ毛に負担がかかるみたいです。

3.マスカラやアイライナーの洗い残し

マスカラを放置したまま寝てしまうと、翌朝落とすときにまつ毛も一緒に抜けてしまうことがあるようです! 一度抜けるとなかなか生えてこない分、まつ毛は大事にケアしておきたいですね。

毛根の一番のダメージはアイシャドウやアイラインによる毛穴のつまりです。
毛穴が詰まることによって血流も滞り血液の流れが悪くなることによって新鮮な空気・栄養も運ばれない為、元気な毛が生えてくることが出来ません。

マスカラですが、これは塗る時より、落とす時に問題があります。
こすらずに落とせるという製品もありますが、やはり塗る時と落とすときには触ってしまいます。
毎日繰り返していると、1度では抜けなかったまつ毛も、抜けることになります。また、根元の毛根部分にもついてしまうと、毛根を傷めることにもつながります。

4.ストレスやホルモンバランスの乱れ

ストレスもまつ毛を不健康にしてしまう原因と一つです。ストレスやホルモンバランスの乱れることによって、まつ毛の成長を司っている細胞の働きを鈍くしてしまうのです。

これはまつげに限った話ではないのですが、強いストレスを受けると体内の自律神経のバランスが乱れ、新陳代謝が悪化します。すると血行が悪くなるため毛根周りの血流が滞り、正常な毛髪サイクル(生え変わりのサイクル)も乱れて行きます。

円形脱毛症というのは、何も髪の毛だけで起こるものではありません。眉毛やまつげでも起こります。

円形脱毛症の原因はストレスと考えられているように、ストレスは、あなたの体に少しずつダメージを与えていきます。

5.栄養不足

まつげが抜ける理由のひとつとして、「栄養不足」や「貧血」などの症状があります。
目のまわりの皮膚はとても薄く、弱いモノなので、弱っているとまず、そこに症状が表れるという感じです。

まつ毛が抜ける理由のひとつに貧血があります。
ダイエットのしすぎや偏食などによって栄養が偏り、貧血になっているのかもしれません。

1 2