1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

星空を綺麗に撮影する!デジ一&ミラーレスカメラで簡単に星の写真を撮る方法

難しいイメージのある星空撮影。綺麗な星空に感動してカメラのシャッターを切ったものの手ぶれしていたり真っ暗になってしまったり...。実は、カメラの設定方法を覚えるだけで簡単・綺麗に星空の撮影ができるようになります!更新日: 2014年04月29日

更新日: 2016年03月18日

4084 お気に入り 400015 view
お気に入り追加

マニュアル設定に正解はないのでおおよその当たりをつけて何枚か試しながら撮影するとイメージに近づけやすいです。撮影しながら設定を調整できるのはデジタルならではの良さですね。目安の数字を参考に設定を変えてみるとイメージに近い設定がわかってくるかも。

以下が基本的な露出の設定ですので、参考までに覚えておきましょう。
<ISO感度 800 シャッタースピード 30秒 絞り 開放、もしくは1~2段程度絞る>

まず、ひとつの基準になる露出値としてISO3200、絞りF3.5(一般的な標準ズームの開放F値)、露光時間30秒で撮影してみましょう。

キットレンズを使ってる人ならISO6400, F3.5, SS15sって感じの設定になるはず。

レンズのピントはマニュアルフォーカス

星空に向けて画面全体が星空の場合、つまり画面が暗闇の状態で、カメラのAF機能を使ったピント合わせは不可能です。

故障の原因になってしまう恐れがあるので、テープなどで固定することはやらないようにしてください。

何枚も撮影して繰り返す

とにかく何度も挑戦して失敗を繰り返すのが写真撮影の上達のコツだと思います!この記事が星空撮影に挑戦するきっかけになれば幸いです。

1 2