1. まとめトップ

海外で有名な喫煙者と非喫煙者の一卵性双生児の画像を集めました。画像を拡大すると違いが良くわかります。

タバコが「老化促進剤」と言われる理由がよくわかります。一卵性なのに、どちらが喫煙者か一目瞭然です。

世界的に有名な写真で、彼女たちは40歳の双子。喫煙歴は不明ですが右の女性は目元のしわ、皮膚全体のたるみとくすみ、そして歯は黄ばみスカスカです。

右の女性は29年間喫煙しています。
左の女性に比べ肌はくすみハリがなくなり、おでこのシミが多いです。ほっぺのたるみや目元も気になります。

左の女性は17年間喫煙しています。
目の下をはじめとする顔全体のたるみ、また唇のしわが気になります。顎もたるんでいます。
右の女性のほうが全体的にスッキリして健康的に見えますね。

喫煙年数は不明ですが、右の女性のほうが目元の小じわがかなり多く、おでこのシミも目立ち、白髪です。
ほうれい線や口の横のしわも、右の女性のほうが目立ちます。(画像拡大するとよくわかります。)
眉毛の高さから考えて、右の女性はリフトアップをしていると思われますが、それでも左の女性のほうが若々しく見えます。

喫煙歴が14年長い右の男性のほうが、顔は全体的にたるみ、しわの多さや肌のくすみが気になります。

右の女性は14年間1日1/2パックを吸い続けました。その結果、おでこには深いしわが残り、顔全体は浅黒くくすんでいます。

半顔ずつの組み合わせです。右の女性は十数年喫煙しており、さらには日光浴を好むそうです。全体的にひどいしみとしわがあります。

右の女性は30年間タバコを吸っています。しわ、たるみ、くすみが気になります。

喫煙年数は不明ですが、右の女性のほうがしわが多く老けた印象です。

喫煙年数は不明ですが、右の女性のはしみのせいで肌はくすみ、ハリがありません。

こちらも喫煙年数不明ですが、左の女性のほうがくすみのせい老けて見えます。肌のハリとツヤが全く違います。

左:非喫煙者 右:喫煙者

1





kaisendonさん