1. まとめトップ
  2. カラダ

西山茉希さんもビックリの産後バストアップ!その後のバストケアは?

産後の体型は大きく変化します。特に胸の変化は女性にとって悩みにもなります。

更新日: 2016年02月27日

438 お気に入り 770253 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hiepitaさん

特に妊娠前から、妊娠中・産後・授乳後と段階を踏んでいくごとに、バストのサイズや形はどんどん変化していきます。

妊娠中は、誰でも、必ず自然とバストアップして、出産後は母乳でパンパンに膨れ上がり、まるでスイカのような大きなバストになってしまう方もたくさんいらっしゃいます。

1番バストが大きくなる時期は?

1番豊胸のバストサイズに成長するのは、妊娠中から出産後にかけてで、ほとんどの女性が人生で一番最大のバストサイズになります。

なぜ大きくなるの?

胎児に十分な栄養を送るための母乳が乳房に満タンに備蓄されている

西山茉希さんもビックリ!

モデルの西山茉希が、産後ならではの体型の変化に「改めて驚き」と心境を明かした。

Twitterでは「産後の身体であることを感じる時間。チビパン(※娘)を生かすことを忘れない身体」とつづり、ステージ衣装のまま撮影したオフショットを掲載。

また、バストサイズについての質問には「サイズは計ってないけど…私の人生には無かった光景です。西山家には期間限定すぎる。女性らしいからだの人は、当たり前でうらやましぃ。。。」と返答

気をつけるのは授乳後のバスト変化

産後になると、胸がどんどん小さくなって垂れてしまうといった悩みが出てきます。

これは授乳が終わるとともに乳腺の機能が低下するためで、何もしないでいると乳房の衰えはどんどん進んでいきます。

授乳後もバストキープするには?

出産後こそバストアップのケアが必要

一番バストの形が崩れてしまうのが出産直後。 この時期、赤ちゃんが必要な母乳の量より、たくさん母乳が出てしまう事が多いそうです。

母乳の量を調節する事が大切

母乳は絞れば絞る程、出るようになってしまいます。その結果、常におっぱいがパンパンになりカップサイズがどんどん上がってしまうからだそうです。

産後のバストの変化に応じて、バストをしっかり守り、支え、バストアップしてくれる下着を身に着けることが大切

夜に寝ながら正しい位置にキープできるようバストをサポートするナイトブラの利用が1番オススメ!!

バストアップしたければ、何かひとつの栄養素だけを摂ればよいわけではなく、バランスのよい食事をしてたくさんの栄養を身体に与えることが一番

たんぱく質がバストアップに効果があるといわれるのはその理由です。

日々の食事がバストアップの役にも立っていると思えば、食事も何倍も美味しくなってしまうかもしれません。

産後間もないうちは筋トレは控えてマッサージを中心に行い、乳腺に軽く刺激を与えて回復させていくのがおすすめ

1 2