第2話で初登場した、クウガの最も基本的な形態。体色は赤が基調となる。古代文明の碑文にはこの形態あらわす言葉として、『邪悪なるものあらば希望の霊石を身につけ炎の如く邪悪を打ち倒す戦士あり』とある。
 武器は使わず、徒手空拳での戦闘を主とする。基本形態だけあり、スピード、パワー、感覚のバランスに優れている。出番も2~5,7,9,10~18,20~23,26~42,44,45話と非常に多く、名シーンと名高い教会での変身シーンなど、印象深いものも多い。警察には途中まで『未確認生命体4号』として白い「未確認生命体2号」ことグローイングフォームとは別固体扱いされていた。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【全12形態】多すぎ!?仮面ライダークウガの全フォームチェンジまとめ

平成仮面ライダー第1号。五代雄介が変身する仮面ライダークウガの各フォームチェンジまとめ。

このまとめを見る