跳躍力、運動能力、瞬発力が強化されるクウガ第2の形態(グローイングフォームは除く)。体色は青。古代の碑文には「邪悪なるものあらばその技を無に帰し流水の如く邪悪を薙ぎ払う戦士あり」と述べられる。スピードやジャンプ力を求められる場面で頻繁に登場し、また水際の戦いでも用いられる。
 強化される能力の反面、パンチ力やキック力といったパワー関連は弱体化しており、ドラゴンフォーム専用武器『ドラゴンロッド』を用いた棒術による戦闘を行う。ドラゴンロッドはクウガのモーフィングパワーによって棒状のものを基にして生成され、「来たれ。海原に眠れる水龍の棒よ。」という意味の古代文字が刻まれている。
 登場エピソードは5~7,14,16,25,28,29,30,32,34~37,39,41,43,45話。派手さは無いが登場回数はマイティフォームに続いて多く、五代雄介のこのフォームへの信頼が伺える。
 劇場版仮面ライダーディケイド、オールライダーVS大ショッカーでは一瞬だがXライダーとの棒術対決を見せた。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【全12形態】多すぎ!?仮面ライダークウガの全フォームチェンジまとめ

平成仮面ライダー第1号。五代雄介が変身する仮面ライダークウガの各フォームチェンジまとめ。

このまとめを見る