1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

2040年の日本はヤバイ事になってるかも?衝撃の予測が

2040年は日曜日から始まる閏年です。まだ開催地は未定ですが、オリンピックが開催される年でもあります。この2040年に関して、衝撃的な予測が出されていました・。

更新日: 2014年05月03日

274 お気に入り 402317 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mettaganさん

3人に1人が高齢者になるかもしれない

2040年になると65歳以上人口割合は全国平均で36.1%(38,678千人)、東京都33.5%(4,118千人)、大阪府36.0%(2,685千人)。最も高いのがやはり秋田県で43.8%(306千人)。全国で13.1%(9,194千人)も高齢者が増えている。

また、最も人口が少ない鳥取県だと、2040年の人口は44.1万人となります。これは現在の東京都葛飾区くらいの人口になります。

2040年の日本の人口は16.2%も減少(対2010年比)し、高齢化率は36.1%に達すると推計されている。急速に縮小する日本社会の未来予想図である。

この予想は、現在1.4程度の出生率(1人の女性が生涯に産む子供の数)が、1.55まで上昇することを前提として予想しています。今よりも子育てがしやすくないと、もっと人口が減る恐れも。

65歳以上の高齢者が40%以上を占める自治体は、10年の87(全自治体の5.2%)から40年には836(全自治体の49.7%)に増加する。

特に大都市圏と沖縄県で大幅に増加する。埼玉県と神奈川県では、75歳以上人口が10年に比べ2倍となる。

労働者の減少も深刻に

中でも問題なのは、働く意思と能力のある人の数である労働力人口の減少だ。レポートによると、2011年度に約6600万人だった労働力人口が2040年度には5400万人に減少すると見込まれる。

労働力人口とは、15歳以上の人口のうち、就業者と失業者を合わせた人口です。

10年に5960万人いた就業者は、40年には4480万人へ25%もの減少が予測される。

就業者は、ある一定期間に仕事をしている人と、全く仕事をしなかった人(休職者等)を合わせた数です。

女性や元気な高齢者の活用が今より進んでも、日本経済を支える人々が大きく減ることは避けられない。

地方経済を担う人間が全く少なくなるというのが2040年の日本ではかなり現実的である。

2040年に地方が消滅すると言う論文まで出てきています。

大阪は3大都市圏から脱落する?

日本の人口は、2010年の1億2806万人をピークに減少しており、特に大阪では2040年までに120万人を超える減少が予想されている。

大阪府の人口は2010年10月の国勢調査では887万人と、2005年の同調査から約5万人増加しました。しかし、今後は減少期に突入し、30年後の2040年には724万人となり、30年間で163万人の急激な減少を見込んでいます。

今後の3大都市圏の展望については、大阪圏が最も厳しい状況に置かれ、3大都市圏からの脱落の危機にある

と言う事は、東京と名古屋の2大都市圏になると言うこと?

地方は消滅の危機に

増田寛也元総務大臣は「2040年、地方消滅 極点社会が到来する」と題する論文で、そのような危機の到来を予言(?)している。

地方の雇用を支えている医療・介護の人材が地方から東京圏などに大量に流出する可能性が強いという。そうなれば、地方の若者の雇用が根こそぎ消滅するおそれすらあるというわけだ。それが「地方の消滅」をもたらす。

若者が地方から都会に大量流出してしまう事で、都会という限られた地域に人々が集中し、その高密度の中で暮らす極点社会になると警鐘を鳴らしています。

2040年に人口が1万人未満になり消滅する可能性が高い市町村は全体の3割になるとしています。

2040年時点で、約1,800自治体のうち523自治体は「消滅可能性」が高く、収束するケースでは、243自治体が「消滅可能性」が高いと予測しています。

「経済財政諮問会議」の専門調査会「第3回 「選択する未来」委員会」にて地方の将来について触れており、そこでは政府の資料に『「地方消滅」という未来』という文言が書かれていました。

東京は高齢者が集中するかも

今後30年に増加する高齢者919万人のうち、実に388万人が首都圏に在住することになるのだ。

今後増える高齢者の半分近くが首都圏に住む計算になります。

後期高齢者の数。東京都は10年の123万4000人から40年には213万9000人に急増する。

この予測だと、今後増加する後期高齢者の75%は東京都に住む事になります。

後期高齢者である75歳以上人口を見ると、全国で2040年までに、804万人増加するが、うち首都圏が284万人を占める。その割合は35%を超える。

人口でみると、65歳以上の人口が30年後に1.5倍以上に増えるのは、沖縄県、神奈川県、東京都。

1 2