1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

tsukasakiryuさん

電子タバコ人気が急上昇中!

年々タバコ税が増税され年々タバコに気軽に手が出せないお値段に…、
そんな中、普通のタバコよりも安く、禁煙にも役立つ電子タバコを使い始める人が増えているようですね。

副流煙がなく、どこでも吸えるのが電子タバコの魅力

電子タバコは普通のタバコのように煙が出ないものもあるため、禁煙の場所でも吸うことができる場合もあります。喫煙者の肩身が狭くなっている昨今、これは嬉しいことですね。

タバコは百害あって一利なし!電子タバコの方が身体にいいとの見解も?

世界中で年間数百万人~数千万人もの人が喫煙が原因による肺がんで亡くなっています。

身体に害しかないタバコを吸うという行為、その行為を抑制する新しい手段として電子タバコに注目が集まっています。

しかしながら、もちろん健康被害がゼロというわけではないので、電子タバコの安全性については現在、研究者が調べているところで、近年中にはっきりするとされています。

禁煙のためにニコチン入り電子タバコを利用する人も!

ニコチン入りの電子タバコを使うことで、タバコを吸った時と同じように満足感を得ることができるため、上手にこのニコチン量を減らしていくことで禁煙に役立つ可能性があるとの研究結果も出ています。

タバコをやめられない原因としてニコチン中毒が挙げられますが、ニコチン量を徐々に減らし、禁煙を成功へと導きます。

有害なタールが含まれていないのが電子タバコの特徴

タバコの依存を高めるニコチンではなく、直接的にがんなどの病気を誘発する原因となるのが「タール」です。喫煙者の肺は真っ黒になっているといわれ、良く画像などでも紹介されますが、この肺にびっしりと黒くこびりついているものはタールです。

電子タバコはその仕組みから、タールを含んでいないので身体への害が普通のタバコよりも少ないとされています。

電子タバコの仕組みとは?

電子タバコは専用カートリッジ内にリキッドと呼ばれる液体を入れておき、それを電気の熱で気化させ、その煙を吸うことによって喫煙と同じような満足感が得られるというものです。

それではリキッドとはどのようなものなのでしょうか?

様々なフレーバーがある電子タバコのリキッド

上記で紹介した電子タバコの「リキッド」には様々な種類(フレーバー)があり、ミント味やイチゴ味なんてものも。

今まで、ニコチン依存によって仕方がなく吸っていたタバコが、様々なフレーバーを楽しむことができるので趣味としても幅が広がります。

これが最大の魅力ではないでしょうか?

おすすめは電子タバコもリキッドも【個人輸入】すること

個人輸入と聞くと敷居が高く感じてしまうかと思いますが、少しだけ英語がわかればそんなに難しいことではありません。

電子タバコというものが、日本国内ではまだあまりポピュラーなものではないため、やはりその中から選ぼうとすると制約がでてきてしまいます。

なので、こだわりたい人は個人輸入を検討してみることをおすすめします。

普通に毎月タバコを買うよりも、電子タバコに変えた方が費用が2分の1~3分の1に抑えられます。

あなたがもし喫煙者なら、電子タバコに変えてみてはいかがでしょうか?

1