1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

見直してみない?お金が貯まらない人の「財布」の特徴

お財布、どんな風に使っていますか?お金とお財布は関係ないように見えて、実は関係があるようです。お金をうまく貯められない人は、お財布の使い方から見直してみませんか?

更新日: 2017年04月15日

515 お気に入り 334499 view
お気に入り追加

お金がない。。。

お財布とお金。関係なさそうに見えて、実は関係がある!

お金を貯めることと、お財布は直接関係ないように見えますが、実は大アリです。お財布はその人のお金とのつきあい方が反映されている

毎日持ち歩き、人前でも頻繁に出し入れするという性質上、日常様々なシーンでその持ち主のイメージを決定づける最小・最大の存在。非常に重要な“お金”と直結しています

お金だってしっかりと財布の影響を受けます。お金が常に居心地の良い環境を整えてやることで金運は確実に上昇します。

お財布、どのように使ってますか?

お財布の使い方を見れば、お金が貯まる人か貯まらないで人か分かるみたい!

「お金が貯まらない」「ついつい無駄遣いしちゃう」など、金運がないと感じている人、それはお財布が原因

お金やカードなどを入れる大事な財布ですが、単にお金を入れておくものだけではなく、お金の出入りがリアルで分かるという意味ではとても重要

“お金のシンボル”であり、“お金の入り口・玄関”にあたるのがお財布です。今のあなたのお金に対する意識が、今持っているお財布にすべて現れている

お金が貯まらない人の財布の特徴とは?

■財布自体がくたびれている

くたびれた財布は要注意!
財布の寿命は3年と言われていますが、財布の傷みが酷い場合は3年経っていないにもかかわらず金運がぐっと落ちてしまいます。

お金の貯まらない財布は、ずばり汚れている。破れている。

同じお財布を5年10年と長期にわたって使い続けているのは、金運がずっとアップしていない証拠。そんなみすぼらしい状態のボロボロ財布をずっと使っていたら、「私には豊かになる価値などない」と宣言しているようなもの。お金に愛されるはずがありません。

3年が経過した財布の金運はどんどん下がっていくので、3年周期で新しい財布を買い換えましょう。3年が経過してない財布でも、汚い財布は金運が生み出す力がなくなる

■何でもかんでも詰め込んでると、経済状態もゴチャゴチャに

とりあえず、お財布に入れてしまっていませんか?
レシートだけじゃなく、紙くず、飴やガムの包み紙など・・・。
財布の中は、綺麗にしておきましょう。

お金が貯まらない財布の典型として、クシャクシャのレシートや紙くずなどが入っている

レシートとお札が重なった『ミルフィーユ財布』では手持ちの金額が把握できません。

買い物をすればレシートや領収書は必ずセットになってきますし、ポイントカードや商品割引券などおつり以外のものが一緒についてくる場合も少なくありません。取捨選択しないで、なんでもかんでもお財布に入れておけばすぐにメタボ財布になってしまいます。

■ポイントカードなどが多過ぎる

最近は、どの店にもポイントカードがありますよね。
本当に通う店なら良いのですが、1回だけなのに作ってしまったりしていませんか?
色々なお店に行くことで、肝心のポイントも溜まらず、お金が溜まりにくくなってしまいます。

利用頻度が低い店のポイントカードや病院の診察券などでパンパン。財布に入れる必要がないものまで入っていることも

外見からしてパンパンに膨れてような財布。このように見える財布には、お金が入っていると言うより大抵たくさんのクレジットカードやポイントカードなどが入っている

ポイントカードはどうしても溜まりがちですが、だんだんと財布が肥満化してしまいます。「肥満財布」はお金の流れをせき止めようとして、自分から貧しくなる方向に向かっているようなもの

1 2





へるどらごんさん