1. まとめトップ

効きすぎてヤバイ!つら~い肩こりを撃退するツボ8選

「肩こりがつらくて、仕事に集中できない」「なんだか頭痛までしてきた・・・」そんな経験、誰にでもあるはず!そんなつら~い肩こりを撃退する、初心者でも簡単にできるツボ押しをご紹介します。マッサージや整体に行く時間がない時でも、1分でできるツボ押しで、軽~い肩をゲットしましょう!

更新日: 2014年05月04日

11 お気に入り 1760 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

infomation_sさん

肩こりの原因としくみって?

【代表的な肩こりの原因】

■姿勢によるもの
長時間のデスクワークで肩こりが強まってしまうケースがあります。座り続けることで、特定の筋肉が収縮し続け姿勢を支える筋肉の働きが低下してしまい、頭部や腕を支える頚部の筋肉に負担が生じます。

■精神的な緊張によるもの
知らない道を車で走る、とても重要なプレゼン、苦手な人との会話など、精神的なストレスにより、体を緊張させる神経系の働きが優位になり、首・肩周辺や背中上部の筋肉が硬くなってしまうことがあります。

■手、腕の疲労によるもの
肩こりの人は、頭部、頚部、肩などを含めて、アンバランスになり筋肉の機能低下が起きている場合が多いのですが、それは不良姿勢につながり、さらにキー操作やマウス操作で使う手、指の動作に負担をかけることがあります。

■目の疲労によるもの
繰り返しピントを合わせなくてはならないような細かい作業が続いた場合、焦点を調整する筋肉が酷使されその機能が低下することがあります。
すると目からの不快感から、肩こりを起こす筋肉が緊張するように作用することがあります。

【肩こりの仕組み】

1. 長時間のデスクワーク、精神的ストレス等良くない刺激が入る。
2. 自律神経系が乱れ、体を緊張させる交感神経系の働きが優位に。
3. 血管が収縮し、血行が悪くなり筋肉の緊張が強まる。
4. 筋肉へ酸素が運ばれず、酸欠状態になってしまう。
5. 痛みの物質が産生され、不快感や痛みとして感じてしまう。
6. この痛みにより、さらに筋肉の緊張が起こり肩こりが慢性化していく。

肩こりをスッキリ撃退するツボ8選!

① 肩井(けんせい)肩の付け根と肩先の中間
肩の付け根と肩先の中間。肩の骨の背中側の脇。肩に手を乗せて凹んでいると感じるところ。周辺を押して最も気持ちいいと感じるところ。
直接手でたたくか中指で押し込みます。または、木づちなど肩たたきの道具などを使うのも有効です。肩こりをはじめ、頭痛や疲れ目にも効果があります。

② 肺兪(はいゆ)肩胛骨の上部から背骨寄り
首を前に曲げたときにできる突起を1番として、3番目と4番目の間から指2本分外側。呼吸を楽にする効果もあります。ドライヤー、蒸しタオルなどで暖めるのも効果があります。

③ 天宗(てんそう)肩胛骨のほぼ中央にあるくぼみ
肩胛骨の中央付近。やや腕の付け根よりにくぼみがあります。ツボに当たると肩全体がピリピリする感覚があります。

④ 後谿(こうけい)小指の付け根 外側
小指の付け根部分。拳を握るとできるしわのになる部分。首筋や後頭部の頭痛にも効果があります。指で強めに押す。ペンなどを使い押し込むのもよいでしょう。

⑤ 天柱(てんちゅう)髪の生え際のくぼみ
左右の手で両耳を覆い隠すような位置にして、親指で押します。緊張の緩和や頭痛のある方にも効きます。指で強めに押す。蒸しタオルやドライヤーで暖めることも有効です。肩こりから、目の疲れ、頭痛などに有効なツボで、頭部の血液循環が良くなります。また、眠気を覚ます効果もあります。

⑥ 風地(ふうち)耳の後ろのくぼみ
耳の後ろの突起の後方。生え際を下から上に向けて押していくとくぼみがあります。左右の手で両耳を覆い隠すような位置にして、親指で押します。心地いい刺激があります。
肩こり、頭痛、目の疲れに効果があります。

⑦ 第一頸項点(だいいちけいこうてん)
人差し指と中指の付け根の部分。やや手首よりの深いところ。
首や肩のこりに効果があります。

⑧ 第二頸項点(だいにけいこうてん)
薬指と小指の付け根の部分。やや手首よりの深いところ。
第一頸項点と同時に刺激することが効果的。首や肩のこりに。

1