1. まとめトップ

ダイエットの決定版。食前キャベツダイエットは本当に効果あり

ダイエットの基本は、過度なカロリー摂取を抑え、基礎代謝が多い筋肉のついた体づくりです。減量し、健康体重になったら、それを維持する食事と運動生活を、継続しなくてはなりません。ネックは、食事を楽しめなくなること。そこで、無理せずダイエットをするためにキャベツダイエットをおすすめします。

更新日: 2014年05月09日

30 お気に入り 179302 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hooksさん

ダイエットの基本は、過度なカロリー摂取を抑えて、基礎代謝が多い筋肉のついた体づくりを心がけることです。
「ダイエットは生き方を変えなくてはならない」と誰かが言っていましたが、ただ単に一気に体重を落として、リバウンドしていたのでは意味がありません。なだらかに減量し、健康体重になったら、それを維持する食と運動生活を、無理の無いように継続しなくてはなりません。
ネックになるのが、食事を楽しめなくなること。美味しいものはカロリーが高いのです。
そこで、無理せずダイエットをするためにキャベツダイエットをおすすめします。

食前キャベツダイエットとは

キャベツ好きなら、苦労なく、行うことができます。

基本は三度の食事の前に、
ザク切りの生キャベツ(6分の1個分)を
バリバリとよく噛んで食べることです。

キャベツを食べるのに10分位かけると良いと言われます。

・・基本はざく切りにしたキャベツを食前に食べます

私は普段早食いですが、ざく切りだと噛まないといけないので、食べるのにかなり時間がかかります。噛むことによって満腹中枢が刺激されるので、少ないおかずでも満足できるようです。

食前キャベツざく切りダイエット 食前にテキトーに大きく切ったザク切りキャベツを食べると、よく噛むので満腹感が得らる。 さらにキャベツの食物繊維も摂取できるので一石二鳥。

早食いの人はついつい食べ過ぎてしまいます。なぜかというと、身体のあちこちから信号が集まって脳の満腹中枢が刺激されるまで、20~30分くらい時間が必要です。けっこうゆっくりなんです。

食べ物を体に取り入れ始めてから満腹感を感じるまで2,30分かかると言われています。
ですから、カロリーがとても少ないキャベツを先に食べることで、メイン料理を食べるまでに、満腹感を高めてしまおうという考え方です。実際、少量の食事で、お腹が一杯になってしまいます。

満腹感のカギを握っているのが、食べ物を充分に噛んで食べること。満腹中枢や摂食中枢に刺激を与えるものとして、必要不可欠なものなのです。

ゆっくり噛むことも満腹感を上げる良い手段です。ですからキャベツはざく切りにして少しでも食べにくくします。
ただ私は、美味しくいただきたいので、千切りにして皿に山盛りにして食べています。それでも食事量は3分の2くらいになりましたよ。キャベツは100g(皿に山盛り)でも23kcalに過ぎず、低カロリーです。和風ドレッシングをかけても、50kcal程度。唐揚げ1個分にもなりません。

ドレッシングにも気をつけて

市販されているドレッシングは数多くありますが、カロリーはさまざま。ドレッシングの種類によっても異なりますが、同じ和風ドレッシングでも大きくカロリーが違う場合があります。なんと!大さじ約1杯(15g)で80kcal以上も違う場合もあるんです!

一般的に使うドレッシング量15gの場合、シーザードレッシングは70kcal前後。中華ドレッシングなら12kcal前後です。差し引き58kcalです。お腹の脂肪は1g約7kcalと言われていますから、7gも脂肪を減らす機会を失ってしまうことになります。

ポン酢などで食べるのもよいです。

ちなみに野菜は肉などと比べて、ほとんどが低カロリーですから、いくら食べても大丈夫です。(じゃがいもなどを除く)。トマトやナス、きゅうりやパブリカなど好きな野菜を贅沢に食べるのも良いですね。

食前にキャベツを食べるキャベツダイエットがオススメ☆理由①キャベツに含まれる食物繊維により満腹感を増やし、過食防止になる②低カロリーな野菜だから、たくさん食べても太らない③ビタミンKやビタミンCが豊富

食物繊維のダイエット効果も期待できます

キャベツは100g食べても約20キロカロリーしかなく、
また水分以外では食物繊維が約2gとキャベツの栄養成分の3割を占めるほど豊富に入っています。

栄養の適正は吸収、排便など、腸内環境を整えてくれます。
また、胃腸の調子を良くしてくれるのは、「キャベジン」という薬でも有名ですね。キャベジンにはビタミンUが含まれていて、その成分はキャベツの汁から発見されたそうです。細胞分裂を促して胃腸の粘膜の新陳代謝を盛んにし傷ついた胃腸の粘膜修復に必要なタンパク質を核酸から合成する働きや胃酸の分泌を抑える働きがあります。

キャベツは、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの胃薬に使われてるって知ってた?栄養価やミニレシピはyasai-labo.com/?p=52 うさゴロー畑のやさいラボ #野菜 #レシピ

食物繊維は糖や脂肪の吸収をブロックしてくれる作用があり、ダイエットに効果抜群な食材です。

また、食物繊維には消化吸収をゆっくりにしてくれる作用があります、食べたものの消化・吸収を遅くする事で血糖値の急上昇が抑えられます。

@yuzusaya1225 えーっとですね、キャベツは胃にとてもよい野菜です。キャベツを食前に食べるキャベツダイエットというのはありますよー!食物繊維も多いのでおすすめd( ̄  ̄) というように体にもよく、ダイエットにやも良いです!!←

食前キャベツダイエット奮戦記

食前キャベツを3ヶ月間実行すれば、
開始前の体重の5~10%は痩せることができます。

特に内臓脂肪が集中的に解消されると、
インスリン(血糖値を下げるホルモン)の効き目がよくなるので、
いわば薬代わりとして糖尿病を治すことも十分可能になります。

胃腸の動きを活発にし、血糖値の急上昇と急降下を抑制するので、脂肪がたまりにくく、内臓脂肪の解消に効果があります。

そして、毎日欠かさず体重の変化を日記につけていたら、10日後にはなんと5kgほど減っていました。その後も順調に減りつづけ、12月の末には68.8kgと、3カ月で27.8kgもの減量に成功。お腹が劇的にへこんで、あごや二の腕、足のぜい肉もきれいにとれました。ウエストは80cm、体脂肪率も18%に減少。

早い人は3~4日ほどで効果がでてきます!


より効果を期待する人は「炭水化物」をシャットアウト!

「キャベツ」に置き換えるとより一層効果大です!

脂肪の少ないタンパク質は取るようにしてください。鶏肉がいいです。
糖質が少ないと体はまず脂肪を分解して糖をつくります。それが足りないとタンパク質を分解して、筋肉が痩せることがあります。それはやりすぎ。キャベツダイエットをしていても、必要な栄養はしっかり取るのが、ポイントですね。

1