1. まとめトップ

吹き飛ばせ!世界のロケット・ランチャー画像集

これ一本あれば戦車が相手でも怖くないぜ!いざという時のために知っておきたいロケット・ランチャーを画像付きでご紹介。小難しい説明は抜きで、最小限の情報だけをまとめておいた。覚えておいてやってくれ!

更新日: 2014年05月05日

兵法入門さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
8 お気に入り 26566 view
お気に入り追加

▼ RPG-7

世界の戦場で大活躍!ロシアが生んだ個人用ロケット砲の決定版。

もともとはソビエト連邦製。
ほかに中国やイランなど各国で類似品を製造。

グリップが付いた発射機(上)に、
先っぽが尖がった弾頭を差し込んで使用する。
いろんな形状の弾頭があり、威力や目的に合わせて交換できる。

使い方がとっても簡単かつ安いので、
正規の軍隊での使用のほか
しばしば地域紛争やテロ活動にも利用される。

▼ M72 LAW

一発必中!アメリカ人が作った簡単・使い捨て兵器

筒型のシンプルな構造。
弾は一発限りで、撃ったら捨ててしまうほかない。
そのぶん、軽くて扱いやすいのが長所。

発射機の後半部分をニョキッと伸ばして使用する。

▼ M1 Bazooka

みんな「バズーカ」っていうけど、本家はコイツ!

ロケランのことをみんなバズーカって呼ぶけど、
そのご先祖様にして元祖はコイツなんやで!

もともとはドイツ軍の戦車を倒すために開発された。

2人で一本を操作するのが基本。
一人が狙って、もう一人は弾を込める。

▼ Panzerfaust

根性で当てろ!ドイツ軍人の最終兵器

この茶色い棍棒みたいなのがPanzerfaust
読みかたはパンツァー・ファウスト。

負けそうになったドイツ軍が、ソ連の戦車を倒すために大量に用意した。
一発撃ったら終わりの使い捨て式。

▼ Panzerfaust 3

上記のパンツァーファウストの子孫。
ドイツ軍は結局負けてしまったが、兵器の遺伝子は生き残り、後釜のコイツは日本の自衛隊にも採用されている。

先っぽの緑色のビール瓶みたいな部分が弾頭。

▼ AT 4

バズーカはもう古いので、最近のアメリカ軍はこのAT-4を使っている。

軽くて高性能、スウェーデン製。

▼ ジャベリン (FGM-148)

アメリカ製。
撃ったら飛ぶだけの通常のロケット弾と違い、
誘導機能を持つミサイル・ランチャーである。

発射機下の、レンズみたいな物で目標を捕らえてミサイルを誘導する。
戦車のような動く目標のほか、遠すぎて真っ直ぐ狙いにくい相手にも対処できる。

1





兵法入門さん

バイクとミリタリー☆

このまとめに参加する