1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

夏の風物詩が春に?ビアガーデン早期営業のワケ

4月なのにビアガーデンがすでにオープン。まだ4月ですよね・・・そんな実態を検証してみました。オススメのビアガーデンもあわせて紹介!ビアガーデンをもっと満喫しましょう!

更新日: 2014年05月14日

26 お気に入り 29129 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

coupleaceさん

もうすぐお外で乾杯の時期ですね!

日本各地でビアガーデンが早くもオープン!

横浜市西区のそごう横浜店の屋上で二十四日、ビアガーデンが始まった。まだ肌寒い海風に当たりながら、仕事帰りの会社員や女性客らがのどを潤した。

県内各地で夏日となった2日、さいたま市浦和区の伊勢丹浦和店屋上にビアガーデンがオープンした

GW前後から続々と全国でオープン!

すでに利用している人の声も

ビアガーデン楽しかったよーっ!!一緒に行ってくれてありがとーーっっ pic.twitter.com/Yzl51AVGNp

昼からビール飲んでる幸せ 夜も今年初のビアガーデンだし爆発してこよ*\(^o^)/*笑

まだ5月になったばかり。まだ寒いんじゃ・・

寒すぎて、ビアガーデンなんて今日とても無理だわ…

マフラーしているお客さんも・・・・。

ちょっと早い気がしますよね。正直驚きです。夜はまだ寒いですよね。

ビアガーデンオープンに早期化の傾向

ここ数年、春から始まるビアガーデンが増えている。屋外という開放的な空間で、気の知れた仲間たちとビールを飲むビアガーデンは、もはや“夏の風物詩”ではないのかもしれない。

早期開催の傾向は、東京、大阪、名古屋とエリアを問わず見られる。近年は5月から開催する会場が多く、4月開催の会場もちらほら。

4月だとお花見からのビアガーデン。外で飲む機会が増えそうです。

早期化には2つの理由があった

お客さんの声に応えたかったからです。毎年、“もっと早めてよ”という要望が多い

早期開催のお得な料金でビアガーデンを体験していただき、夏の最盛期にも再度来店してもらうため

5月中まではかなり割引が効くようです。

年度がスタートする4月ということも踏まえ、歓迎会の時期に合わせて

ちょっと歓迎会だと遅い気もしますが・・・。

女子会ブームを追い風に人気を回復させたビアガーデン

確かに女性のお客様、増えましたよね。ビアガーデン。

ビアガーデンの運営の多くは売り上げ低迷に悩む百貨店。コーヒーショップからお客を奪ったコンビニコーヒーと同様に、居酒屋・レストラン客からの収益獲得をねらう。

コンビニコーヒーでは無いですが、お酒を飲む場所が増えることで競争も激しくなりますね。

1 2