1. まとめトップ

雨の日も楽チン!「屋根つきバイク」特集

「雨の日も乗れるオートバイってないの?」とか「バイクを買いたいけど、雨の日に乗れないのは不便だなあ・・・」って思ってる人は多いはず! そんなアナタにズバリ、雨の日にも余裕で乗れちゃう、便利でかっこいい「屋根つきバイク」の各製品をご紹介します。

更新日: 2014年09月21日

兵法入門さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
13 お気に入り 181980 view
お気に入り追加

◎ 屋根さえあれば雨の日も大丈夫!

画像:
ニンジャ250 + aio inc ルーフシールド

屋根付きバイクなら、もう天気予報を気にする必要ナシ!
もちろん防風性能にも優れるので、晴れた日のドライブも快適です。
今回は、国内外の「屋根つき」バイクを画像つきでご紹介します。

画像:
BMW C1  ルイ・ヴィトンモデル

■ ホンダ ジャイロキャノピー

まずは定番、ホンダのジャイロキャノピー。
ピザの宅配バイクとしておなじみのバイク。

宅配用バイクとあなどるなかれ。
社外品のカスタムパーツも多く、
例えばリアボックスを大きくして
荷物の搭載量を増やしたりすることも可能です。

■ ヤマハ ギア(ルーフキット車)

こちらはヤマハのギア。
新聞配達用の車両でおなじみです。
純正部品メーカーからルーフキットが出ています。

ジャイロキャノピーが三輪なのに対して、ギアは二輪なのでより小回りが効く点も魅力です。

■ ホンダ キャビーナ

ジャイロの前には主流だったルーフ付きバイク、
ホンダのキャビーナ。
生産は終了した車両ですが、比較的よく見かけます。

50ccと90ccがあります。
2stなので速い上、色も鮮やかな90ccなら原付二種登録なので制限速度60キロまでオーケー。

■ Adiva AD125/200

アディバはイタリアのオートバイブランド。
ヨーロッパではルーフ(屋根)つきスクーターはごくメジャーな存在です。

イタ車といっても二輪車なのでお値段もお手ごろ、
もちろん国内でも販売されています。

このアディバ、驚くことにルーフが着脱式。

しかも、リアボックス収納つきのモデルなら、
ルーフを折りたたんでそのまま収納してしまえます。

屋根を収納しちゃった状態。
デザインもGOOD!

■ マラグーティ ブログ・ルーフ 125/200

同じくイタリア製の屋根付きスクーター、
マラグーティのブログ・ルーフ。
こちらはオシャレ系のデザインです。

125ccクラスのスクーターは高い運動性能も魅力。
ガンガン走りたい方も満足できるでしょう。

■ BMW C1

BMWといえばクルマのメーカーだと思ってる方も多いかもしれませんが、
バイクも作ってるんですよ!

125cc版と200cc版が存在。

シートベルトと革張りのシートを装備。
さすがドイツ車のこだわり。

◎ 自分で付けてしまうという選択肢

ここまで、もともとルーフ付きのモデルのバイクを紹介してきましたが、この中に気に入ったものがない・・・とか、自分が今乗っているバイクにルーフを付けたいという方には、
思い切って「ルーフパーツを買って付けてしまう」という手段もあります。

こちらは「aio inc」が出しているルーフを装着したホンダ・リトルカブ。

同社では大型バイク用も製造されています。
画像はホンダ・シャドウに設置した場合。
かなりの迫力。

クルーザー型バイクの場合、風除けとしての効果も得られるというメリットもあります。

ホンダ・PCXに「ゾロ」製のルーフを装備。

車種ごとに少数生産されるのカスタムパーツという都合上、どうしても価格は高くなりますが
それぞれ個別に設計されているので品質・一体感は純正パーツに劣りません。

お気に入りの愛車にこだわりのある方は検討されてみてはいかがでしょうか。

1





兵法入門さん

バイクとミリタリー☆

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう