1. まとめトップ

世界的な異常気象で今年の梅雨は局地的な大雨に注意!

今年に入り世界で洪水、竜巻、干ばつという異常気象が続いています。温暖化の影響でしょうか?この日本も昨年に続き大豪雨や台風の被害に警戒するよう ...

更新日: 2014年06月04日

Kojeroさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 5618 view
お気に入り追加

世界的な異常気象について

地球の記録: 異常気象と現象
米国の3分の1の面積で竜巻が発生。ロシアでも広範囲で激しい暴風が数日吹き荒れ ...

出典地球の記録

ロシア欧州部の2月3月の異常な暖かさは、4月に入って季節外れの吹雪に取って代わった。4月1日にモスクワに降った雪は、降雪量において、ここ130年間で最大のもので

ロシアでは、この120年で最悪とされる洪水による被害額は、1,000億円近くに上るとみられています。 ...

2014年1月7日(火)... アメリカが記録的な大寒波に見舞われている。26州で厳寒警報あるいは注意報が発令され、中西部では最低気温がマイナス38℃まで冷え込み

4月27日から28日にかけて竜巻が立て続けに発生し、30人以上の死亡が確認されているアメリカでは、アーカンソー、カンザス、ミシシッピ、アラバマ、テネシーなど各州が大混乱に陥っている。

出典毎日新聞

... とお伝えしましたが、その後もアメリカ全土で異常気象が相次いでいます。 ...
【5月1日AFP】米東海岸は4月30日、気候の良さで知られるフロリダ州北部にかけての広範囲で豪雨に見舞われ ...

アメリカのカリフォルニア州では、2013年は観測史上最も乾燥した1年だった。今年に入っても、ロサンゼルスに近いサンガブリエル山脈の麓で山火事が発生し、約1300ヘクタールを焼き尽くしている。

アップルが本社を置くクパチーノ市から車か飛行機でわずか数時間ほど内陸へ移動すると、米国最大の人口と農産業を抱えるカリフォルニア州を襲った干ばつの影響ははるかに大きな脅威となっている。

「解消のメドは立っていないようだ」。環境研究団体パシフィック・インスティチュート代表のピーター・グライク氏はこう語った。

フランス(欧州諸国)でも川の氾濫・洪水 イギリスでは4段階の警報の2段階目にあたる黄色警報が。
欧州全土で突然気温が低下しているそうです 洪水警報はフランス・イタリアにも出されていて フランスの一部の地方ではレベル3ぐらいのオレンジだとか トスカナでは川の氾濫によって1000人近くの市民が被災しアルノ川の水も決壊

2014年05月05日 イタリア・マルケ州で複数の川が氾濫し大規模な洪水が発生。セニガッリアでは川の堤防が決壊し町全体が冠水、多くの場所で地滑りも。

世界の週ごとの異常気象 対象期間:2014年04月23日~04月29日

アフガニスタン北部では大雨や洪水の影響で、100人以上が死亡したと伝えられた。
サウジアラビアのメディナでは、24日の日平均気温が35℃(平年値:約30℃)に達し、23日~25日の日最高気温は40℃に達した。

中国ヘイロンチアン(黒竜江)省のパオチン(宝清)では、25日~26日の日平均気温が20℃(平年値:約9℃)に達し、日最高気温は27℃に達した。
低気圧や前線の活動が不活発で、先週に引き続き異常少雨となった。

1 2





Kojeroさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう