1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

iPhone、iPadのメモリを増やしたい!!外部ストレージのすすめ

iPhoneは最初に購入した時の容量と次の機種変まで付き合っていかなければなりません。それでも動画やアプリや音楽であっという間に超えてしまう。そんな方にオススメする容量増設方法をご紹介。ちなみにアンドロイドでも応用できます。

更新日: 2014年06月13日

172 お気に入り 541598 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

iftoakさん

iPhoneには外部メモリがありません。

iOSでSDカードなど取り外し可能な補助記憶装置がサポートされない理由は、安全性と効率性、デザイン性を考慮した結果と考えられます。

画像だけだったらAndroidとiPhoneの内臓メモリで十分ですが、動画ファイルを沢山保持している人にとってこれは痛いですね。

メモリ不足になく人が続出!!

メモリを擬似的に増やせる3つの方法をご紹介

容量の重いファイルやあまり使わないものは本体以外に保管しましょう!!

1.オンラインストレージサービスを利用する

ストレージサービスとは、インターネット上でファイル保管用のディスクスペースにデータを保存することができるサービスのことである。

つまりインターネットを経由してデータを保管してもらえる倉庫を貸してもらえるのだ。

他にもたくさんありますが有名どころを上げました。

便利なサービスですが
インターネットにアクセスするため、通信環境に読み込み速度が左右されます。
また、圏外では当然使えません。

2.WIFIポータブルストレージを使う。

WIFI経由でHDDやSDカードのデータが読み込めます。
容量の重い動画や音楽の保存に最適です。
ただし使用中はインターネットがオフラインになるのには注意が必要です。

気がつけばスマホのストレージが満杯に……というユーザーには、Wi-Fiでスマホと連携できるポータブルストレージがおすすめ。特に動画など大容量データの利用が多い人は重宝するはずだ。

クライアントソフトAirStash+を起動するとDirectLinkで自動でWi-Fiを切り替え検索する。特許のために、他のWi-Fiストレージがこの機能を利用できない。

アプリの起動でWI−FIが自動で切り替わります。

直接SDカードに接続できます。
ただし1枚のSDカードの値段が高いのが難点。

3. NASを自宅に導入する

1 2