1. まとめトップ

プロ野球選手の「背番号」にまつわるエピソード

プロ野球有名選手の背番号への思いと選手にまつわるいろいろなエピソードをまとめてみました。松井裕樹 澤村拓一 上原浩治 イチロー 松井秀喜

更新日: 2014年05月20日

2 お気に入り 90026 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wickydayさん

松井裕樹の「1」

2012年の夏の甲子園1回戦の対今治西高校戦では大会史上最多の10連続奪三振と1試合22奪三振を記録。一気に注目の的となった。

自分の野球の原点は桐光学園にあると思っているので、そこで長くつけさせてもらった番号でスタートしたいと思いました。

出典http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/29/kiji/K20131129007102160.html

入団時のコメントです。

投手だからこの番号、というのではなく、“1=松井”というイメージを作りたいみたいなんです。自分というものをしっかり持って、常識を変えていきたいというこだわりを感じました。ぜひ成功してほしいなって思います

背番号「1」の投手についての詳細は以下参照ください。

澤村拓一の「15」

「沢村さんを1つ超えるという意味で、15を背負ってほしい」

伝説の大投手「沢村栄治」さんの「14」を超えるという意味です。

沢村栄治についての紹介はこちらを参照ください。

上原浩次の「19」

1 2 3