出典 ameblo.jp

ムーンブルク王女

ハーゴンの軍勢に滅ぼされたムーンブルク王女の王女。見た目はIのローラ姫にそっくりでフード状の帽子をかぶっていてこれまた頭部部分に特徴がある。 ハーゴンの魔力により犬にされてしまい、喋ることができない身で哀れにもムーンペタで必死に助けを求めている。話しかけるとついてくるがこの状態だとラーの鏡を使っても効果がないので注意。 SFC版IIで見ることができるムーンブルクが滅ぶシーンはシリアスなのだが彼女の父親、ムーンブルク王の断末魔「ぎょえー!」のせいで台無し。

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る