1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

都内に続々とオープン!再注目される最近の床屋さんがオシャレでかっこいい

年間で数千件の廃業しているという床屋の存在危機。しかし、ここ最近になって30代~40代の男性を中心に床屋が再注目されおり、都内に続々と床屋がオープンしている。その理由・原因は意外にもそういった理由だった。

更新日: 2014年06月07日

368 お気に入り 428190 view
お気に入り追加

今、美容室の台頭で床屋さんがピンチらしい

男性も美容室で髪を切るおが当たり前の時代。その結果、床屋は1年で1千件が廃業。なんと10年で1万店が減っている。

今や全国の美容室23万1134店に対して、床屋は13万210店。

60歳以上の理容師がいる店舗は、2677店舗中、1840店。およそ7割を占めている

しかし最近、床屋で髪を切る男性が増えつつある

最近思うこと。 美容院に行ってるんやけど、基本ショートやから、床屋。 所謂理容室の方が良いんかなって、思い始めた。

いやー楽しかった(@ ̄ρ ̄@) あと、最近は美容室より床屋が

@lachi_lag 最近流行の刈り上げスタイルは床屋さんでカットするらしいですよ。(^-^)

床屋が再注目されるワケは?

大人の男が身嗜みを整える由緒正しき場所として、バーバーが見直されている

これはアメリカやヨーロッパでも同様で、感度の高いファッショナブルな人達に注目され、それにともなってオシャレなバーバーも増えてきています。

業界誌ではなく、一般のお客様を対象とした理容サロンの本。本書では、全国各地に点在するオススメのバーバーを紹介し、カットの真髄に触れるほか、チャート表を用いて髪質や顔型に似合うスタイリングを厳選紹介する「バーバーで整髪したヘアカタログ」なども掲載。

床屋の再ブームの理由・原因として、ひとつはニューヨークバーバーブームという50年代のクラシカルなスタイルが挙げられる

それは近年ニューヨークで注目された、50年代のレトロファッションの事。その特徴は刈り上げ、七三分け、スーツというのが流行している。

スーツにあう落ち着いた大人のスタイル、オシャレ芸能人である伊勢谷友介や小栗旬等が取り入れている、このスタイルに再び注目が集まっている。

都内に続々とオープンするオシャレな床屋さん

少し前まで美容院に押され気味だった理髪店が渋谷、原宿、青山といったオシャレエリアに続々開店。大人のオトコのたしなみとして注目を集めている。

「3年前の開店時、オワコンだという風潮もありましたが、今は多くの予約をいただいてます」(バリカン・會田氏)というように今、理髪店が活気づいている。青山の「フリーマンズ スポーティング クラブ 東京」は開店当初から話題に。ここ数年出店を続ける「ザ・バーバー」は5店舗目を東京駅前に出店するなど絶好調だ。

アーバンリサーチが八木通商とタッグを組み4月12日、NY発のメンズライフスタイルストア「フリーマンズ・スポーティング・クラブ」の日本旗艦店を北青山にオープン。フリーマンズ スポーティング クラブ トーキョーでは髪に合ったスーツもコーディネートしてくれる

メニューはカット、シェービング、シャンプーのみで、予約なしで客を受け入れるスタイルも古きよき伝統的な理髪店といったところ。また、クレンリネスにこだわっており、客ごとにハサミやシェーバーなどをすべて滅菌したものをその都度用いる徹底ぶりが気持ちがいい。

ユニークなのは、「ヒゲデザイン論」などの著書を持つ理容師の藤井実がコンサルティングを務めていることで、ヒゲのメンテナンスやデザインについて細かく相談に乗ってくれる

出典sumau.com

高級住宅街の静かなエリアに、ザ・バーバー代官山(THE BARBER Daikanyama)はある。通りに面したウィンドウには、洋書や模型など男の遊び心をくすぐるアイテムがディスプレイされている

1 2





GRACEさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう