加藤一二三:14歳7ヶ月
谷川浩司:14歳8ヶ月(中学2年生棋士)
羽生善治:15歳2ヶ月
渡辺明:15歳11ヶ月
藤井聡太:14歳2ヶ月(最年少記録)

加藤一二三九段は60年以上にわたって最年少記録を保持していたが、2016年9月3日に藤井聡太四段が最年少記録を更新。
藤井四段が抜かなければ加藤九段は最年少記録と最年長記録を同時に保持することになったが、藤井四段は最年少記録を狙える唯一1回のチャンスをものにしリーグ戦(三段リーグ)を突破した。
※渡辺明のプロ入りは高校進学と同時で、プロ入りを決めたのが中学生だった。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

将棋界の伝説!中学生棋士5人の徹底比較

将棋界に5人いる中学生棋士を、タイトル歴からプライベートな部分まで徹底比較します。藤井聡太奨励会三段が2016年9月3日に最年少でプロ棋士(新四段)になることが決まりましたので大幅加筆しました。

このまとめを見る