今年で言えば桜花賞4着4カラクレナイ、同5着16アエロリット、同11着12ミスエルテの牝馬勢、皐月賞10着5プラチナヴォイス、同12着3アウトライアーズあたりか。

 3連勝で挑んだ桜花賞は後方から伸びて0.2秒差の4着だった4カラクレナイ。マイルへの距離延長が懸念されたものの後方で折り合えたのは収穫でむしろこのレースのために桜花賞を使ったのではと思うほど。鞍上がデムーロ騎手に戻るのですからなおさらで、厩舎初制覇がかかります。

 同じく桜花賞で後方から伸びて0.2秒差5着の16アエロリットは、クイーンCで東京マイルを経験しているのが強み。ただ堅実な一方で勝ち切れないところが気になるところ。

  桜花賞が朝日杯FSからのぶっつけとなった12ミスエルテは、折り合いを欠いて11着。ここは初の関東遠征とマイルでの折り合いが課題。

出典競馬を副業にしてがっつり稼ぐ会 [まぐまぐ!]

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

3歳マイル路線の頂上決戦!20年NHKマイルカップ、レース情報

無敗の1番人気の強さが光る一方、混戦となれば大波乱さえある3歳マイル戦。以前はこのレースからダービーという変速2冠に向かうのが支流でしたが、距離適性を見通して桜花賞、皐月賞からの転戦組が強い傾向に。

このまとめを見る