1. まとめトップ

横になるだけ!ヨガの「死者のポーズ」が睡眠の質を高める

夜、なかなか寝付けなかったり、寝ても疲れが取れにくかったりしていませんか?横になるだけの超簡単なヨガのポーズで、寝つきも良くなり、熟睡しやすくなります。美容も健康も、睡眠の質が大きく左右するもの。是非今夜からトライしてみて!

更新日: 2015年05月07日

41 お気に入り 46664 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

infomation_sさん

死者のポーズ「シャバ・アーサナ」って?

ヨーガでもっともリラックスできるポーズとされています。リラックスして寝ることができるので熟睡できます。
リラックス状態とは副交感神経が働いている状態です。死者のポーズでリラックスしてくると手足が温くなり副交感神経が働いていることがわかります。

このポーズは、体にとって一番自然な形ですが、簡単なようで難しい、究極のほぐしの極意です。気がつかないうちに染み付いた体のクセ、筋肉のねじれ、骨盤のズレなどを取り除き、正しい状態に戻します。
毎日寝る前に行って、そのまま眠りにつけば、不眠の解消、代謝アップなどが期待できます。

ポーズの名前はちょっと怖いですが、リラックスも出来、身体を正しい状態にするポーズのようですね!

ポーズの取り方は?

脇は40度、足は肩幅に広げる。そのまま全身の力を抜いて完全に脱力する。ゆっくり腹式呼吸をして、そのまま眠ってOK。

布団の中で行い、そのまま寝てしまってもOKです。その場合、ポーズ中は低めの枕か、枕ナシがおすすめ。手のひらは、天井に向けます。目は軽く閉じます。

目をつぶり、体全体が地面(orベッドorふとん)から引っ張られているような感覚を想像します。

【腹式呼吸とは】
寝ている状態でお腹を上に持ち上げるようにして息を静かに鼻から吸い込み、お腹の力を抜いてお腹を静かに引っ込め鼻から息を吐きます。このとき足の先まで吸い込んだ息のエネルギーがいきわたるような気持ちで静かに吸い込んだ時よりも2倍程度長い持間をかけて吐いていきます。これの繰り返しです。

ヨガの先生に教えてもらった、よりリラックスできるコツをご紹介します。
①奥歯の噛み締めをほどく(ほんの少し口を開ける)
 結構奥歯を噛み締めていて、頭部が緊張してしまう人が多いみたいです
②まぶたに入っている力をゆるめる(脱力し、すこし眉毛を持ち上げるイメージ)

睡眠前は死者のポーズで力を抜きリラックスして寝つきますが、睡眠中はどのような形で寝てもかまいません。気にする必要はありません。

そのほか、「死者のポーズ」と組み合わせると効果的なこと

アロマテラピーでさらに心地良い眠りへ

身体は疲れているはずなのに、なぜだか眠れない。些細な物音でも目が覚め てしまう。こんな症状は、ストレスからきていることが多いのです。アロマのパワーが脳の興奮状態を鎮めて、自然な、質のよい眠りを促します。

おすすめオイル

  サンダルウッド・・緊張を和らげる
  オレンジ・・・・・不安や緊張をほぐす
  ネロリ・・・・・・心を穏やかにし、安眠を促す
  ラベンダー・・・・心地よい眠りを誘う
  カモミール・・・・ストレスを和らげる

ルームスプレーやアロマキャンドルも良いですし、精油があれば、お湯を入れたマグカップやハンカチに1・2敵垂らして香りを楽しむこともできます。

就寝1時間前は、間接照明で過ごす

蛍光灯の光や明るすぎる部屋は、思った以上に刺激が強いもの。
就寝1時間前は、間接照明などのやわらかい明るさの中ですごし、リラックスした状態で過ごしましょう。

死者のポーズやアロマ、間接証明を取り入れて、ぐっすり質の高い睡眠をゲットしましょう!

1