1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

TheFukujinさん

派手なことより趣味を深く
 そんな“目利き”たちが次に目をつけたのが「プロレス」と「釣り」。
「ネットは分かりやすくいえば『趣味の世界』。
だから派手なことをやってもお客さんはついてこない。
【街ブラ番組】
【海外ネタバラエティー】
【高学歴タレント】
【関西ジャニーズJr.】

活動急増は「ポスト関ジャニ」の予兆
 次のCDデビュー組が待たれるジャニーズJr.のなかで、関西ジャニーズJr.の動きが慌ただしくなってきた。桐山照史(あきと)、重岡大毅といったメンバーを中心に、数組のユニットが存在し、地元関西ではすでに人気者の彼ら。それが2012年10月にBSフジでメーン番組『まいど!ジャーニィ~』が始まったほか、2013年3月には映画『関西ジャニーズJr.の京都太秦行進曲!』が公開。翌4月にはNHK BSプレミアムで放送するジャニーズの音楽番組『ザ少年倶楽部』でコーナーがスタートし、この春から初めての全国ツアーが始まった。7月期のフジ系連ドラにメンバーが出演するなど、全国区の活動が急増していることから、年内にもCDデビュー組が登場するのでは、と言われている。 持ち前の陽気なキャラクターと、しゃべりを武器に、ポスト関ジャニ∞が生まれる日も近そうだ。
(日経エンタテインメント! 木村尚恵・内藤悦子)
[日経エンタテインメント! 2013年7月号の記事を基に再構

ニッチな目利きで浸透する「面白動画ブランド」
テレ朝動画がネットユーザーに受け入れられているのは
、独特の選球眼が評価されているためと言っていいだろう。ももクロや
バナナマンといった「大物」はごく一部で、オリジナルコンテンツの大
半を占めるのは、LinQ、アップアップガールズ(仮)、でんぱ組.
incといったファン以外にはなじみの薄いアイドルや芸人たち。
コンテンツビジネス局の渕勇二氏が「“下克上”をキーワード
に選んでいる」と説明するニッチなチョイスだ。
しかしいずれも頭角を現しており、特にアイドルファンの間で
「テレ朝動画」は信頼のブランドとして定着しつつある。

1 2