1. まとめトップ

子供じゃなくても欲しくなる!豆椅子のおしゃれリメイク集

昭和のころからずっとある、子供用椅子の定番「豆いす」は現代のパパ・ママの手にかかるとこんなにオシャレに変身します!

更新日: 2015年07月16日

dorintさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
97 お気に入り 127499 view
お気に入り追加

昔ながらの豆イスとは:
有名キャラクターものから、名も無きファンシー系の絵柄がついたパイプで出来た子供イス。

ひっくり返すと座面のネジが見えているので簡単に外れます。

パイプ部分の色を塗り替え

ラッカースプレーなら比較的に楽に塗れてハケの跡も気になりません。子供用なのでもともとは赤や青など原色が多いですが黒くしただけでなんだかシックな印象に。

ペンキはにおいがきつくないものがおすすめ

座面のリメイクはいろいろ

もともとの座面があまりボロボロでない場合はクッション性を残す意味でも、好きな生地でカバーをかけるだけという手も。

▼こちらのHPで詳しい作り方が
http://handmade.xsrv.jp/howto/category04/recipe_522/

【豆いす座面リメイク】座面を木の板にするとカフェ風かも

黒とナチュラル系の板でリメイクした子供イス
座面はオイルステイン仕上げです。

▼作り方参照
http://kinyo-daiku.com/class/furniture/mameisu_remake/

座面の木は丸くするのは大変なので、四角いままでもOKではないでしょうか。

【豆いす座面リメイク】リバティの生地で乙女チックに

LIBERTYの布を使うと、とっても少女らしい組み合わせです。

リバティのロビン(キルティング)ならフカフカしてすわり心地良さそうですね。

【豆いす座面リメイク】北欧生地でインテリアの一部に

北欧のマリメッコ生地(ウニッコ柄)で作るとこんなにオシャレ。

生地の張り替え参照(わかりやすい!)
http://plaza.rakuten.co.jp/pleasant2012/diary/201301090000/

ちょっと珍しい柄ですがマリメッコだそうです。どうりでオシャレ!

IKEAに行くと思うのですが北欧の生地は日本の昭和レトロに通じるものがありますね。

生地に赤い木の実が挿し色になっていますのでスチール部分の赤とマッチしています。

【豆いす座面リメイク】ナチュラル系の生地でオシャレに

兄弟姉妹がいる場合はテイストを揃えて柄違いにするのも楽しい。

こちらの方はタッカーでガチガチとめて作製
http://ameblo.jp/t3piroppi-t10yu-min/entry-11498354124.html

インテリアとして置いておきたいですね。

昭和っぽいようで永遠にオシャレなギンガムチェック

【豆いす座面リメイク】好きなハギレをパッチワークしてもOK

座面サイズの大きな布がなくても、好きなハギレを組み合わせれば完成!

リボンも使って先にパッチワークしてから座面を張り替えるとこんなにオシャレ!

【豆いす座面リメイク】大胆な色や柄で世界に一つの豆イス

あえて補色であるカラー同士を組み合わせるとオシャレになりますよ。

補色とは:(wikipedia)
色相環 (color circle) で正反対に位置する関係の色の組合せ。例えば、「赤 / 青緑」「紫 / 黄緑」「黄色 / 青紫」など

スチール部分が赤や黄色の原色だった場合も生地と合っていればこんなに可愛くリメイクできます。

スチールの色と合わせることがポイントかも。

1 2







  • 話題の動画をまとめよう