1. まとめトップ

筋肉痛の時って運動してもいいの?

筋肉痛のときは運動しても良いのでしょうか?

更新日: 2014年05月09日

87 お気に入り 1020792 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

bc.pikoさん

なんとなく続けてしまうけど...

ちょっと筋トレしたら筋肉痛が2日目なのに全くマシにならない。

筋トレしたら疲れた。疲れたけど多分筋肉痛ならんのよなー。足りないのかなー

筋肉痛になったら運動は止めるべき?

実は運動をしてもいい筋肉痛と駄目な筋肉痛がある

①筋トレの場合はしてはいけない

運動で筋肉痛になっても毎日運動を続けるべきでしょうか。それとも休んで筋肉痛がなくなってから運動を再開するべきでしょうか。

このような質問に対する回答は2つのパターンがあります。1つは筋トレによって筋肉痛になった場合、もう1つはジョギングなどの有酸素運動で筋肉痛になった場合です。

まず筋トレで筋肉痛になった場合ですが、毎日同じ部位のトレーニングは避けるべきです。なぜなら毎日同じ部位のトレーニングを行うと筋肉の修復が遅れて筋肉が発達しなくなるからであり、筋トレを行う意味がなくなるからです。

トレーニングを休む期間ですが、筋トレを行った部位にもよりますが2日から3日くらい間をおくとよいでしょう。筋肉の修復や超回復には48時間から72時間程度が必要だからです。

▼筋トレの場合は運動しない方が良い理由

筋トレに必要な要素は①トレーニング②休養③栄養です。
トレーニングによって、筋肉の細胞が破壊されます。そのために筋肉痛がでます。筋肉痛が出る事は良いトレーニングができた証拠です。

胞が修復される事によって、筋肥大され更にパワーアップするのです。その修復の最中にトレーニングをしてしまうと、更に筋細胞が破壊され、筋肥大する暇がありません。こういう場合は筋トレはやめて、休養しましょう。

▼その名は超回復

筋トレを行った後には筋肉が疲弊し、
それを回復するときにもう一度同じトレーニングをしても
耐えられるようにさらに丈夫な筋肉へと作りかえられます。

ドラゴンボールを知らない人には申し訳ありませんが、
サイヤ人は一度死にかけて回復すると以前よりもパワーアップするんですね。

筋肉はそれと似たような原理で、筋トレで一度損傷した筋繊維を
修復する過程で以前よりも大きくなっていくのです。

これを筋肉の超回復といいます。

この超回復に掛かる時間というのは一般的に
48時間から72時間と言われています。
すなわちこの時間帯の間は筋トレは行わず、
基本的に休養に充てなければいけません。

この期間中に無理に筋トレを行っても逆効果となります。

健康重視の有酸素運動の場合は大丈夫

有酸素運動の場合は、筋肉痛になったとしても毎日行って大丈夫です。それほど筋肉を傷めつけるようなトレーニングには該当しないし、筋肉の修復が必要になっても24時間くらい時間をおけば十分に修復が可能な部位が多いからです。

むしろ筋肉痛になって休むことが習慣になり、運動頻度が減る方がダイエットのペースを落とします。有酸素運動の場合は筋肉痛になってもできるだけ毎日続けましょう。

筋肉痛が酷いならエアロバイクやランニングマシンなど有酸素運動をできる範囲でやってみましょう。有酸素運動は血液の流れをよくしてくれて筋肉痛の回復が早くなるからです。

1