1. まとめトップ

切ない、どうしようもない感情が溢れる「重松清」の小説ランキング30作品!

家族の話や学校でのいじめの話など、誰もが経験することを題材にし多くの評価を受けている重松清さん、かれの小説に出てくる主人公たちは本当に感情移入しやすく、まるで自分が物語の世界に入ってしまったかのように錯覚します。

更新日: 2014年08月03日

ukachannさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
270 お気に入り 820682 view
お気に入り追加

■重松清の小説ランキング第1位:伝わる言葉。

少年は、ひとりぼっちだった。名前はきよし。どこにでもいる少年。転校生。言いたいことがいつも言えずに、悔しかった。思ったことを何でも話せる友だちが欲しかった。そんな友だちは夢の中の世界にしかいないことを知っていたけど。ある年の聖夜に出会ったふしぎな「きよしこ」は少年に言った。伝わるよ、きっと──。大切なことを言えなかったすべての人に捧げたい珠玉の少年小説。

『きよしこ』(重松清)君はだめになんかなっていない。ひとりぼっちじゃない。それを忘れないで。shincho-live.jp/ebook/result_d… #ebook #電子書籍

重松清の小説「きよしこ」の紹介つぶやき

心にあったかいものがじんわりと広がります。 『きよしこ/重松清/新潮社』 bit.ly/1eQoP7w #本が好き

重松清の小説「きよしこ」の紹介つぶやき

重松清の小説「きよしこ」の書き出し画像

■重松清の小説ランキング第2位:そっと寄り添ってくれる物語

村内先生は、中学の非常勤講師。国語の先生なのに、言葉がつっかえてうまく話せない。でも先生には、授業よりももっと、大事な仕事があるんだ。いじめの加害者になってしまった生徒、父親の自殺に苦しむ生徒、気持ちを伝えられずに抱え込む生徒、家庭を知らずに育った生徒──後悔、責任、そして希望。ひとりぼっちの心にそっと寄り添い、本当にたいせつなことは何かを教えてくれる物語。

【青い鳥 (新潮文庫)/重松 清】何回も泣いた(TдT)村内先生がすごく素敵な人で、こんな優しい人になりたいと思った。「ひとりぼっち」の子供達の「そばにいる」。シンプルだけど難しくて、すごく「たいせつ... →book.akahoshitakuya.com/cmt/37662918 #bookmeter

重松清の小説「青い鳥」の紹介つぶやき

『青い鳥』(重松清)みんな、ひとりぼっちじゃない――先生が、そばにいてくれるから。うまくしゃべれない教師と、傷を抱えた生徒たち。静かで温かな再生の物語。shincho-live.jp/ebook/result_d… #ebook #電子書籍

重松清の小説「青い鳥」の紹介つぶやき

今まで読んだ一番の本はなんですか? — 小説だけだよな・・・ もちろん重松清さん著の「青い鳥」!! あれはホントよかった!! あともう一つ・・・「インストール」とかもよかったなぁ・・・ ask.fm/a/a6lmbkn6

重松清の小説「青い鳥」の紹介つぶやき

出典ameblo.jp

重松清の小説「青い鳥」の書き出し画像

■重松清の小説ランキング第3位:ラストシーン、大好きだなぁ

小学四年生のツヨシのクラスに、一輪車とくちぶえの上手な女の子、マコトがやってきた。転校早々「わたし、この学校の番長になる! 」と宣言したマコトに、みんなはびっくり。でも、小さい頃にお父さんを亡くしたマコトは、誰よりも強く、優しく、友だち思いで、頼りになるやつだったんだ――。サイコーの相棒になったマコトとツヨシが駆けぬけた一年間の、決して忘れられない友情物語。

子ども向け(小3~4ぐらいか)の本なのに面白い。胸キュンしながら一気読み。主人公の女の子がかっこいい。あと5冊読みたい。【75点】 『くちぶえ番長/重松清/新潮社』 bit.ly/1j5ZYMK #本が好き

重松清の小説「くちぶえ番長」の紹介つぶやき

この本5回以上読んでるがホント最高( ̄▽ ̄)子供の読書感想文かかせるのに読ませられたつまらない推薦本なん...『くちぶえ番長 (新潮文庫)』重松 清 ☆5 bit.ly/1hjlIY5 レビュー書きなう #booklog

重松清の小説「くちぶえ番長」の紹介つぶやき

4冊目。 「くちぶえ番長」 重松清さんのかく小説はいつもハートフルで心あたたまります。 わたしも子供の頃の思い出を、覚えておきたかったなぁ。 pic.twitter.com/Hqpc2xnpbF

重松清の小説「くちぶえ番長」の紹介つぶやき

重松清の小説「くちぶえ番長」の書き出し画像

■重松清の小説ランキング第4位:学生の時に出会いたかった本。

わたしは「みんな」を信じない、だからあんたと一緒にいる――。足の不自由な恵美ちゃんと病気がちな由香ちゃんは、ある事件がきっかけでクラスのだれとも付き合わなくなった。学校の人気者、ブンちゃんは、デキる転校生、モトくんのことが何となく面白くない……。優等生にひねた奴。弱虫に八方美人。それぞれの物語がちりばめられた、「友だち」のほんとうの意味をさがす連作長編。

わたしは、一緒に居なくても 寂しくない相手のこと、友だちって思うけど 。by きみの友だち、重松清

重松清の小説「きみの友だち」の紹介つぶやき

重松清の本はいいよね。「ナイフ」と「きみの友だち」を読んだけど、ぼかぁ好きだよ

重松清の小説「きみの友だち」の紹介つぶやき

【きみの友だち/重松 清】中学生の娘が読んで面白いというのだから、きっと思春期の少女たちの実態がかなりよく描かれているんだろう。もっとも娘はまわりを気にしない勝手なタイプだけれども。章ごとに変わる主役... →book.akahoshitakuya.com/cmt/37820812 #bookmeter

重松清の小説「きみの友だち」の紹介つぶやき

重松清の小説「きみの友だち」の書き出し画像

■重松清の小説ランキング第5位: やられました

昭和37年の夏の日、瀬戸内海の小さな町の運送会社に勤める“ヤス”に息子アキラ誕生。家族に恵まれ幸せの絶頂にいたが、それも長くは続かず……。高度経済成長に活気づく時代と町を舞台に描く、父と子の感涙の物語。

重松清の「とんび」があまりにも親子愛の素晴らしい話でたまんない。

重松清の小説「とんび」の紹介つぶやき

重松清「とんび」読了。ドラマにない奥深さ。なのに想像力貧困で、頭の中でドラマのキャストたち動く… アタマとココロが別物な父親が愛せちゃう。思考回路と感情。 子供って無自覚に親を傷つけながら生きるものなんだな。未来永劫、その繰り返し。知識と経験を重ねないと、わからないことたち。

重松清の小説「とんび」の紹介つぶやき

重松清「とんび」を一気に読了。カフェだから大泣きできんかったが、ものすごく感動。

重松清の小説「とんび」の紹介つぶやき

重松清の小説「とんび」の書き出し画像

■重松清の小説ランキング第6位:まゆみのマ-チに涙します

1 2 3 4 5 6 7 8





ukachannさん

映画をランキング形式で紹介しています!おすすめの映画ばかりなので気に入ったものがあればお気に入りしてみてください(*^^*)♪