1. まとめトップ

エアロバイク運動のメリット。おうちでかんたん有酸素運動。

外に出て運動するのはとても気持ちが良いのですが、外出着や人目、防犯や車の危険など、いろいろ考慮しなくてはならないのが面倒です。結局運動ができる時間が限られて目標量の運動ができないという方も少なくありません。そこで、おうちでできる有酸素運動としてエアロバイクを購入することをおすすめします。

更新日: 2014年05月15日

32 お気に入り 216314 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

jigsowさん

外に出て運動するのはとても気持ちが良いのですが、外出着や人目、防犯や車の危険など、いろいろ考慮しなくてはならないのが面倒です。結局運動ができる時間が限られて目標量の運動ができないという方も少なくありません。

そこで、おうちでできる有酸素運動としてエアロバイクを購入することをおすすめします。
足を鍛えると、肥満の解消だけでなく、血の巡りがよくなったり、代謝がよくなります。さまざまな病気の予防や美容にもつながりますので、ぜひためしてみてください。

エアロバイク導入は思ったより簡単です。

購入して、届けてもらって、自宅に置くだけ。
ながら運動ができるので、できればTVかラジオのある部屋に置きたいですね。

Amazonなどで購入する場合、完成品を2万円弱で買うことができます。女性には少し重いかもしれませんが、引きずるならば移動も大丈夫。意外にやすいでしょう?

今日は『BigBang!!!』聴きながらchaos Z tourのTシャツでエアロバイク20キロぶっこいできたよ! pic.twitter.com/JBXKZ2f1bc

エアロバイクのメリット

・・手軽に有酸素運動ができる

継続的で比較的弱い力が筋肉にかかり続ける時は、エネルギー源として体内に蓄えられている体脂肪を燃焼させて使います。燃焼材料として酸素が必要です。20分以上続けることで脂肪燃焼が効果的に起こります。

バーベルを上げるというような、筋肉を酷使する運動は筋肉を鍛えますが、直接脂肪の燃焼に繋がりにくいです。
弱い運動を長時間行うことで、脂肪が燃焼し、ダイエットや肥満の解消につながります。
弱い運動の代表的なものはエアロバイクの他に、ウォーキング、踏み台昇降、ジョギングなどです。

1日の時間が足りないので、一度にふたつのことをやってみたくなる。いまはエアロバイクで運動しながら新聞を読むという芸を極めているところだ。マルチタスク(複数のことを同時に行うこと)としては、非常に実用的だと思うよ。 ビル・ゲイツ 名言

・・足が太くなっちゃわない?

太ももから足先にかけての部分がかなり燃焼されるのを利用して、足を細くしましょう。

普段使っていない筋肉を鍛えれば、筋肉が引き締まり、脂肪が燃焼され、足が細くなりますので、つま先立ちをしてペダルを漕ぐようにするのがオススメです。

足にかかる重さを調節できますので、軽い運動を心がけましょう。
弱い負荷で足全体を使うように運動を続けることで、有酸素運動は実現できます。
強くすると、足にしっかり筋肉がつきます。足に筋肉を付けたい人は中くらいの強い負荷にしましょう。

・・エアロバイクの運動量

30分で
ゆっくり時速15キロペースで約150kcal
上り坂を想定したペダルが重くなる負荷をかけた場合約300kcal

ウォーキングでは60kgの人では30分で90kcal ですから、1.5倍程度の運動量を見込むことができます。
ジョギングとウォーキングの中間くらいと考えてよいのではないでしょうか。

・・エアロバイクのメリット

手軽に運動を継続することが可能

運動をしながら他のことも楽しむことができるのがエアロバイクの特徴です。

TVを見たり、ラジオ、音楽を聞いたり、電話をかけながらでも、行うことができます。
ちょっと運動量が落ちますが、3DSなんかをしてもいいですね。

エアロバイクは腰掛けて運動するので、脚力の割に体重のある人にはランニングやジョギングよりも膝への負担が少ない

膝や足の痛みが出にくいです。同じカロリーの運動をしても膝への負担は格段に少なくすみます。

また、雨が降っている日でも運動が出来るという点も大きなメリットです。

他の運動では雨の日は止めた!となりがちですが、室内運動なので、楽です。

スポーツウェアーだけを考えても、家の中なのでファッションを気にすることも無いし
女性に関して言えば、スッピンでも周りの目を気にする必要がありませんからね♪

出典http://フィットネス通販.biz/entry1.html

寒い冬や暑い季節には外での運動が億劫になりがちですが、家から出なくても良いため長続きさせることができます。

暑い日にはクーラーをかけて運動すれば良いのです。
体の中の脂肪を燃やすのが目的であって、太陽に照らされて熱中症になることが目的ではないのですから。

信号で止まる必要が無く障害物などの危険性がないため、継続して運動し続ける事に向いています

これも意外なメリット。ウォーキングやジョギングでは、車や自転車の危険に気を使ったりしなくてはなりません。
また赤信号で立ち止まる、というのもせっかく調子が出てきたのにちょっとがっかり。

6時間目の体育で ずっとエアロバイクやってたから 久しぶりにたくさん汗かいた

私の経験ですが、TVなどを見ながら運動できるというのがとても嬉しいです。
汗をかいて、すぐシャワーを浴びたり、手軽に始められるのも良し。
ウォーキングやジョギングも良いのですが、着替えたり、お金をもったりと、やはり15分くらいは準備がかかりますからね。その分長時間運動ができます。仕事から帰ってきて、1日30分でも運動しようと考えているような人には、この15分というのが大きな差に感じられます。

お金も思ったよりかかりません。2万円くらい。
ジムにいくことを考えると2ヶ月分くらいでしょうか。とてもお得ですよ。

1