1. まとめトップ

「ギャグはいりませんNHKなんで」の内村コントがキレッキレ#LIFE

ウッチャンナンチャンの内村光良がメインで出演するNHKのオムニバスコント番組『LIFE!』で、一部の国会議員から「NHKのバラエティーが低俗」と厳しく追及されたことをネタにしたコントが放送され、大きな反響を呼んでいます。

更新日: 2014年05月11日

45 お気に入り 177893 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mizu_tamaさん

最近のNHKは、けしからん!

NHKが放送しているバラエティ番組に、日本維新の会の中田宏衆院議員がクレームをつけた。

2014年3月、衆院総務委員会の中での発言。

やり玉に挙げられたNHKバラエティ番組(画像は「ケータイ大喜利」サイト

中田議員は質問の冒頭で「NHKの番組が、一言でいうと低俗になっていないか」と指摘した。

「『なんだこりゃ』と思うような娯楽番組がいくつも並んでいる」と問題視した。

「着信御礼!ケータイ大喜利」「コントの劇場」「七人のコント侍」の3番組を例に出した。

ドタバタ暴れて人の頭を叩いて笑いを取るようなものではなく、地域性や日本の歴史や文化をひもとき・・・

若い人が関心を持てるような番組にしてほしいと、注文をつけた中田議員

「低俗バラエティー」批判に「笑い」で応酬

国会議員からの「低俗バラエティー」批判を笑いに変えたコントが放送され、インターネット上で反響を呼んでいる。

2014年5月8日に放送されたNHKのオムニバスコント番組「LIFE!」でのコントに反響多数。

今日イチの楽しみはLIFEのコント。「NHKなんで」キターーーーーーー!!!

一部の国会議員から「NHKのバラエティーが低俗」と厳しく追及されたことをネタにしたコントを放送

内村演じるNHKの超古株ディレクター・三津谷が、「NHKなんで。」と言いながら、必要以上に硬い演出を要求するというコント

「NHKのバラエティーが低俗」と厳しく追及されたことをネタにしたコント。

ウッチャンナンチャンの内村光良さん扮するNHKの古株ディレクター・三津谷寛治が「NHKなんで」と言いながら出演者に硬派すぎる演出を押し付けるというコント。

その要求の数々は議員の主張を思わせるものばかりだった。

NHKなんで。 民放でやってください。ここはNHKなんで。 が面白いwwwwww

「ドタバタしすぎ」「頭叩くな」

ココリコの田中を司会役に、オードリーの若林正恭、春日俊彰、アンタッチャブルの山崎ら人気お笑い芸人が本人役で出演

コントは「おもしろジャパンにロックオン」と題した新バラエティー番組の収録リハーサルという設定

田中さんは「NHKだけどバラエティーだからいつも通りやってくれたらいいから!」と芸人たちにはっぱをかける

三津谷ディレクター(内村)はさっそく田中を呼び出し、「非常に低俗な雰囲気、これはまずいですね。NHKなんで」と始める

「出演者全員のテンションが無駄に高く、ドタバタしすぎです」
「いくら怒ったからといって人の頭を叩くのは止めていただきたい」
「ギャグはNHKにはいりません。民放でやってください」
などと、次々に注文をつけていった。

「うーん、全然面白くありませんね」

番組のタイトルは

「ジャパン ~地域とその歴史を訪ねて~」に変更。

日本全国の面白い人たちを紹介するという当初の内容は、日本の各地域に根差した、素晴らしい人物とその歴史をひもとく内容となり、「低俗さ」のかけらもなくなってしまった。

「う~ん、全然面白くありませんね。まあ、いいでしょう、NHKなんで」最後そういう落とし方をしたか(笑) #nhk #LIFE

世に問う問題作

“低俗ではない”バラエティー番組とは何か、を世に問う“問題作”になりそうだ。

1 2