1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ofuroskiさん

ポーランド料理のレシピ

ポーランドのおいしい食べ物を紹介します!

ポーランドのスープ!

ポーランドにはたくさんのスープの種類があります。日本では手に入りずらい食材で作っているものが多いので現地でぜひ味わってください

きのこスープ。クリーミーなスープの中にたくさんのきのこがはいって煮込まれています。ボリュームたっぷりなスープです。

トマトスープです。まろやかな味となっています。ヌードルが入っているときもありますが、チーズなどをのせて食べることもあります。

きゅうりのスープです。ピクルスとなったきゅうりを使っているのでちょっと酸味があるスープです。

香料としていれられているハーブがとってもいい匂いです。

チキンスープです。コンソメで味を出しています。人参や、セロリ、パセリなど入れてあります。黄金色の透明なスープで、チキンでだしがとても味を引き締めてくれていて美味しいです

発酵麦のスープ。麦を発酵させたものをスープのベースとなっているので日本ではめったにお目にかかれないスープです。酸味のあるまろやかなスープです。一度食べたらやみつきになる味です。
レストランで出されるときはパンに入っていることが多いです。

赤かぶより作れたスープです。日本にある漬物に使われる赤かぶとは別の種類になります。真っ赤な深い赤は、赤カブより出ています。土の血スープともいわれるほど鉄分が豊富です。
酸味のあるスープです。ときどきウシュカといわれる水餃子のようなものをいれて食べます。

フウオドニクと発音します。ヨーグルトとビーツの冷スープです。ビーツの赤がヨーグルトを混ざり赤紫のきれいなスープです。少し酸っぱい味ですが、ヨーグルトが入っているのでなめらかな舌触りでマイルドな美味しさです
ポーランドでは夏に冷スープとして食べます。

メインフード、軽食等

ポーランド餃子、日本にある水餃子に見た目は似ています。ただ皮がちょっと厚く中身の具もちょっと違います。ポーランドには肉もいれることありますが、チーズや、じゃがいも、サワーキャベツや、きのこをいれた具材があります。それぞれとても美味しいです。

茹でたものがほとんどですが、
焼きピロギもあります。

中身はデザートみたいにしたブルベリー、ベリーなどもあります。

ゴウォンプキと言って、ポーランド版ロールキャベツです。トマトソースで煮込まれていて、中にはお肉とお米を混ぜたものが入っています。酸味のあるトマトソースとキャベツの甘さが相性が抜群です。

ビゴスといいポーランド、リトアニアの代表的な煮込み料理です。キャベツとザワークラウトを煮込みます。トマトを入れたり、肉やたまねぎを入れたりします。レシピがいろいろあり、エリアによって家庭によって作られている味はさまざまになります

にしんの酢漬け 日本にあるニシンの酢漬けを似ている味です。ポーランドでは酢漬けだけど、チリ風味などいろいろな味があります。

ポーランド風カツレツ・・豚肉を薄くのばして細かいパン粉をまぶして焼いたもの。ソースが思わずほしくなってくる味です。

ザピェカンカといい軽食で、路上スタンドなどで売られていることが多く値段はとても安い。学生の食べ物と言われています。フランスパンを切ってピザのトッピングを載せたようなものです。トッピングはお店によってちがいます。

コロッケティといいます。ポーランド版コロッケです。ジャガイモに中身を包まれてキメの細かい衣で揚げています。コロッケ自体は世界のいろいろな国で作られている料理です。

ポーランドではクリスマスマーケットなどのお祭りでの屋台でよくお店が出ています。

デザート

クッキーを揚げて粉砂糖をまぶしたもの。軽い触感で何個でもパクパク食べれます。

リンゴケーキパイ 甘くにたリンゴがたっぷり入っていてシナモンがちょっと隠れた味となっています。

ジンジャーブレッド、ジンジャーだけでなく、さまざまなスパイスがたーくさん入っているケーキです。この絶妙なスパイスの組み合わせがとっても美味しいです。

トルンが発祥のケーキです。トルンにはクッキーの固さのピエルニックがあります。

ポンチュキといいます。ジャムが入った揚げドーナッツです。ジャムいがいにもクリームが入っている場合もあります。ポンチキの日(脂の木曜日)にポーランド人はみんなポンチキを食べます。しかも10個とか食べれる分だけ食べます。 ファットサーズデーという名前の由来だけあります。

クレムフカといいパイの間にたっぷりとクリームがはいったものです。クリームも甘さ控えめななので、見た目はボリュームありますが、あっという間に食べることができます。前ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世が若いころからの大好物だったとして有名になったケーキです。

ウゼトカといいます。ワルシャワで50年代に当時作られた道路を記念して作られたケーキです。ワルシャワ限定で食べれるケーキなので、ワルシャワに訪れたときはぜひ食べてみてください。ちょっとお酒を効かしたチョコレートケーキです。

マズレックといいます。イースターのときに食べられるお菓子です。クッキー生地にジャムが入っていて、ナッツなども混ざっています。サクサクをした感触です。ジャムは、杏子だったり、ベリー系だったりします。

出典prezi.com

マコヴィエツといいます。けしの実入りケーキです。ケーキといっても、パン生地の間にけしの実をあまく煮たペーストが入っています。ヨーロッパではけしの実は黒いものがメインなので黒い色をしています。

1