コンピューターによる現行制度になるまでは識者による順位付けが行われ、日本協会によると男子で1921年に清水善造が最高4位、26年に原田武一が7位、33年に佐藤次郎が3位、38年に山岸二郎が7位となった。

出典東京新聞:錦織、世界トップ10 日本男子選手で初:スポーツ(TOKYO Web)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

錦織圭トップ10確実!…テニスのランキングってどうやって決まるの?

テニスのマドリード・オープンで決勝に進出した世界ランク12位の錦織圭選手が、大会後に発表されるランキングで10位以内に入ることが確実になりました。

このまとめを見る