1. まとめトップ

【ネタバレ注意】名言・名場面集的なサムシング【ジャンルフリー】

出典ごちゃまぜ、時系列めちゃくちゃ。ジャンルは三次元・二次元問わず(でも二次元多め)。たまに迷言、珍場面もあり。コメントには筆者の主観が混じる場合があり、たまに筆者の記憶違い等で誤った記述を載せている場合もあります。随時更新。

更新日: 2017年10月19日

1 お気に入り 44537 view
お気に入り追加

だから理屈とかいいんだよ!なんで皆そうやって人と会う事を拒むんだ!話にならない!誰かと誰かが出会わなきゃ話にならないだろうが!物語にならないだろうが!ハッキリ言えばいいだろう、忍ちゃん。怖いって。会うのが怖いって。会って話して、感情が乱れるのが嫌だって。君は彼に会う事が阿良々木先輩に対する裏切りのように思うから彼と会わずにいるつもりかもしれないが、それは違うぞ!君が裏切っているのは、自分自身だ!言えばいいだろう、400年がかりで生き返ってくるような愛情は重いって!阿良々木先輩と仲良くやっているところに今更生き返ってこられても困るって!お前の気持ちは迷惑だって!そのまま死んでればよかったって!言えよ!それが言えないんだったら、主人だの主だの口にするな!孤高でもなければ高潔でもない!君は、ただの人見知りだ!

発言者:神原駿河 出典:終物語~しのぶメイル~
コメント「鉄血にして熱血にして冷血の吸血鬼、
キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードを
ただの人見知り扱いする人間、神原駿河」

花江さんの芸名「花蓮」は「花江」の「花」と「蓮子」の「蓮」を合わせたものだ。――あんた以前言ってたよな?花江さんがデザインした衣装をあんたが着て女優として舞台に立つ――それが二人のささやかな夢だって。子供じみた「夢」でも「北見蓮子」には生きていく支えだったって――! その同じ「夢」を支えにして、ずっと「北見花江」も生きてきたんだよ

発言者:金田一一 出典:金田一少年の事件簿
コメント「異人館ホテル殺人事件より。

双子でお互い同じ夢を支えに生きてきたにも関わらず
姉は妹を信じられず、そればかりかその手で殺してしまい、
後になってから妹の真実を知り、姉は後悔の涙を流す。

ドラマ版ではそもそも花蓮さんの芸名周りの設定が改変されていて、
このシーン自体がなかったんですが、個人的にはかなり好きな設定でした」

完璧なまでのテニスを見せる手塚や、天才的技術を持つ不二、アクロバティックの菊丸にダブルスの名手大石、そしてデータテニスの乾。当時から頭角を表し始めていた皆が一勝も出来ない無個性な俺を、俺のパワーを羨ましいって。嬉しかったよ 本当に嬉しかった。俺からパワーを取ったら何も残らない。だからこそ

発言者:河村隆 出典:テニスの王子様
コメント「全国大会セミファイナルより、タカさんのテニスや仲間に対する熱い想い。
関東氷帝のvs樺地の波動球対決といい、ちょくちょくタカさんは涙腺を刺激するから困る」

真剣だとか古流だとか、そんな事で殺人剣は決まるのではござらん。奪った命の重みで己が奈落へ落ちる剣。それが殺人剣だ。それがわからぬお前は、剣客として弥彦にも勝てんさ。

発言者:緋村剣心 出典:るろうに剣心
コメント「剣心に飛飯綱がカスった程度で喜々として己の剣を
“究極の殺人剣”と語る石動雷十太の幼稚な剣を実力で叩き伏せた後の剣心の台詞。
人斬り抜刀斎として名を馳せた剣心が言うからこそ威厳のある言葉」

「お前が明日死ぬのなら僕の命は明日まででいい……お前が今日を生きてくれるなら。僕もまた今日を生きていこう」「お前様が明後日死ぬのなら、儂は明々後日まで生きて――誰かに、お前様の話をしよう。我があるじ様の話を誇らしく、語って聞かせよう」

発言者:阿良々木暦&キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード 出典:終物語(下)~おうぎダーク~
コメント「暦とキスショットの絆の深さが窺えるシーン」

片想いをずっと続けられたら……それは両想いよりも幸せだと思わない?

発言者:千石撫子 出典:囮物語 ~なでこメドゥーサ~
コメント「片想い中だと相手の現実を知らない分、相手の事を純粋に見られるけど、
付き合い始めると見たくもない現実を何度となく見なければいけなくなりますからね。
オタクが現実を捨てて二次元嫁を作るのも、要はそういう事だと思う。

まぁ、虚構と現実を分けて楽しんでらっしゃる方もいるので、
オタクの全部が全部現実を捨てているわけではありませんが」

「週2回のボルダリングでしょ?でも週3回の?」「ケンタッキー」「台無しだ!」

発言者:杉田智和&阪口大助 出典:アニメマシテ
コメント「阪口さんが銀魂放送開始時の方が健康だったと語った事に対して
杉田さんが阪口さんの運動と食生活について言及した時の一幕。体にいいんだか悪いんだか」

なに似合わねえことしてんだよ…いつまでも遊んでんじゃねえ…! まともに働いて得る小銭じゃ人生は買えねえぞ…!

発言者:石川 出典:アカギ
コメント「市川戦後、雲隠れしたアカギとの再会時、
まともに働いていたアカギに対して石川さんが言った台詞」

(初めて河にドラが出ましたね。すばらです!)

発言者:花田煌 出典:咲-saki- 阿知賀編 episode of side-A
コメント「チャンピオン、宮永照が絶対に出ないと決めつけた
阿知賀女子、松実玄からのドラ切りに対してのすばら先輩の台詞」

(改変完了)(お疲れ様です!)

発言者:園城寺怜&花田煌 出典:咲-saki- 阿知賀編 episode of side-A
コメント「宮永照に振り込ませるために
文字通り命を削り、未来の改変に成功した園城寺怜に
花田煌がやはり心の中で労いの言葉をかけた場面」

(悪いな、新道寺……その牌がわからんかった)(いいって事ですよ。すばらです!)

発言者:園城寺怜&花田煌 出典:咲-saki- 阿知賀編 episode of side-A
コメント「王者、白糸台高校の宮永照の連荘を止めるために
新道寺女子の花田煌に振り込む事も辞さない千里山の園城寺怜が
煌の裸単騎の待ちが判らず、やむを得ず自分が和了った時の心の会話。
静かに単騎牌を伏せるすばら先輩が滅茶苦茶カッコいい」

名刺の上では、私は代表取締役社長です。頭の中では、ゲーム開発者です。でも、心の中では、ゲーマーです。

発言者:岩田聡 出典:GDC 2005
コメント「2015年7月11日に
胆管腫瘍により亡くなった任天堂社長
岩田聡氏の格言的お言葉」

「あのなぁ…そんなの、俺のほうが嫌に決まってんだろおぉぉ!! なんで、おまえらを置いていかなきゃいけないんだよ!! 俺だって、おまえたちと居てぇよ!! ずっとずっと居たかったんだよ!! なんで、こんな理不尽なんだよ!! ちくしょう!! ずっとずっと、そばにいたかった!! 俺のほうが、ずっとずっとおまえたちのことが好きなんだよ!! なのに…おまえたちを置いていくなんて…そんなの…ねぇよ…なんでだよ…わけわかんねぇよ…くそぉ…………」「恭介…」「………いってくれ…理樹…鈴をつれて…校門から、でられる…」「こ…校門…」「そうだ…もう振り返るな…校門を駆け抜けろ…」「………」「時間はもうない…鈴を巻き添えにしたいのか…早くいけえぇぇ!!! もう迷うな! とっとといけぇーーー!!!!!」

発言者:棗恭介&直枝理樹 出典:リトルバスターズ!
コメント「Refrainより。「そんなの…」の下りからBGMで遥か彼方が流れた瞬間
恭介の泣き顔のCGが映し出され、それに加えて緑川さんの熱演という幾重にも重ねられた布石。
これで泣くなという方が無理な話で、実際ゲームプレイ中、私も涙が止まりませんでした。

個人的には民安さんの理樹が好きなので、
アニメ版より原作ゲーム版の方が好きでした」

「…ったく。もうおまえたちには敵わねぇな…サヨナラホームランだ」「恭介っ!それはもう、どうしようもないの!?」「ああ…どうしようもない。それは誰も悪くない…自分を責めるんじゃないぞ…おまえは強くなった、大丈夫だ」「待ってよ、話をっ…まだ時間はあるでしょっ!?話をしてよ、恭介っ!もっと聞かせてよっ!昔みたいにっ!」「理樹、これからはおまえがその役なんだぞ?そんなので、鈴をどうする」「だって、こんなのってないよっ!僕は恭介を追ってここまでずっと生きてきたんだっ!その恭介がいかないでよっ!」「ったく困った奴だな…おまえは、いつまで俺を困らせるんだよ…」「そんなのいつまでもだよっ!強くなったとか、世界の秘密とか、そんなことどうだっていいっ!僕は恭介が好きだからっ!だから、ずっと一緒にいたいんだよっ!当然でしょ!?」

発言者:棗恭介&直枝理樹 出典:リトルバスターズ!
コメント「Refrainより。続きます」

「ルッカ ワタシも未来で元気にやっていきマス」「どうしたの。 ルッカ? ロボにお別れは……」「ヤハリ気づいてたのデスネ」「何のこと?」「……ロボは廃墟となった未来で生まれたわ……でも私達がラヴォスを倒した事によって未来は明るくなるはず。つまり新しい未来ではロボの存在は……」「ハハ、そんなことないデス。きっと新しい未来でもワタシは……」「ロボのバカ バカ! 悲しい時はすなおに悲しむのよ!! こっちがよけい悲しくなっちゃうじゃない!!」「……そんな思いやりの気持ちを教えてくれたのもルッカデス。とてもカンシャしてイマス」

発言者:ロボ&マール&ルッカ 出典:クロノトリガー
コメント「エンディングの一幕。このロボとルッカの関係性がとても好きです」

フフッ 俺の悪口なら許せもするが男塾の悪口だけは許せねぇ あ あいつは男塾を腑ぬけの集まりだとぬかしやがった お 俺にとって男塾はいわば親も同然 こんなゴンタクレの俺に闘うことの厳しさも友情の大切さも教えてくれた 親を馬鹿にされて下を向いてるぐらいなら お 俺はいつでも男をやめてやるぜ

発言者:独眼鉄 出典:魁!!男塾
コメント「狼髏館館主・宗嶺厳に男塾を侮辱され、
逆上して宗嶺厳に立ち向かった独眼鉄先輩が返り討ちに遭い、
男塾塾生達に看取られながら残した最期の言葉がこれ。

初登場時、富樫に「男とは何ぞや」と問うた独眼鉄先輩。
この生き様こそが、まさに独眼鉄先輩の男そのもの」

「なにを血迷ったかミッシェルの奴、余計なマネを。このチャンスに敵であるあんな下衆の命を救うとは!!これは重大なる裏切り行為ですぞ総帥!! 奴の処分は私におまかせを!!(機銃の照準をミッシェルに定める)フフフ、死ねい 裏切り者めがーーーっ!!」(豪毅、冥凰島闘士の両腕を斬り捨てる)「!! うおおおっ な、なにをされますか そ、総帥ーーーっ!!」「下衆は貴様だ!! 命を賭して闘う男の誇りと気概がわからぬ貴様に冥凰島十六士たる資格はない!!」

発言者:冥凰島闘士&藤堂豪毅 出典:魁!!男塾
コメント「富樫に一本取られ、敗れた黒薔薇のミッシェルが崖から落ちそうになっている
富樫のふんどしを引いて、自身も手負いながら富樫を懸命に助けようとしたのを見たモブ闘士が
ミッシェルを裏切り者として処理しようとした結果、逆に豪毅に斬られるというシーン。

藤堂豪毅がただの極悪非道ではなく、彼なりの信念に基づいて
行動している事を象徴するかのような名場面」

おいおい…男が男を張って動けねぇんだ。今狙うのはヤボってもんだぜ!!

発言者:ゴクウ 出典:男塾外伝 伊達臣人
コメント「伊達が宝槍(蛇轍槍)を抜く凄まじい衝撃に耐え、
見事抜き切った直後に魔黒兄弟が弱った伊達に奇襲を仕掛けた事に対して、
赤石先輩似のゴクウが割って入り、魔黒兄弟を一刀両断にした時の台詞」

ダービー、君は冷静(クール)な男だ。実に計算された行動を取る。力(パワー)は使わないが真に強い男だ。私の性格は賭け事に向いていない。結構熱くなるタイプだからな。勝負すれば負けるだろう。しかし私は承太郎を信じてる。この伏せたままのカードにどんな意味があるかはわからないが、承太郎に賭けてくれと頼まれれば信じて賭けよう。私の魂だろうと何だろうと。

発言者:モハメド・アヴドゥル 出典:OVA版ジョジョの奇妙な冒険 第10話「ダービー・ザ・ギャンブラー」
コメント「OVA版に於けるアヴドゥル役
小林清志さんの熱演に胸を打たれたのでOVA版に忠実に。

承太郎に頼まれて何の躊躇いもなく
自分の魂を賭ける事に承諾しただけに留まらず、
ダービーに向かって強気に啖呵を切るアヴドゥル。

これの何処がブ男なのかと。男前じゃないかと。

OVA版は基本的にそうなんですが、
特にここの場面のアヴドゥルの作画は
滅茶苦茶気合が入っている気がしました」

「……って事はオッサンの判断は大正解だな。あの坊主頭、恐らく元軍人か傭兵だよ。戦ってたらまず始めに喉を潰されて参ったさえ言えない状態にされたね」「だろうな」「後は死なない程度に拷問されてたよ。残り時間ずーっと」「合理的だな」

発言者:キルア・ゾルディック&クラピカ 出典:アニメ「HUNTER×HUNTER」(1999)
コメント「トリックタワーで坊主頭の囚人と勝負をする事になったトンパが
開幕早々ギブアップした事に対して、囚人達がハンター受験者を足止めした時間に応じて
刑期を減らして貰えるという仕組みに気づいたクラピカがキルアと繰り広げたやり取り。

そして、それを聞いて青ざめるトンパ」

「おせえぞ、アーロン」「……すまん」

発言者:ジェクト&アーロン 出典:FINAL FANTASY X
コメント「シンの中でようやく再会を果たしたかつての戦友。

ジェクトの言葉にやや語気弱めに詫びるアーロンの姿が
心なしか若き日のアーロンの姿と重なったのは私だけではないはず」

「最後に……いっこだけ、いいか? あのよ……。わりい、やっぱやめとくわ」「いいから言えよ!」「そうか。じゃあ言っちまうぞ……息子をたのむ」「……!」「ザナルカンドのあいつをたのむ。あいつ……泣き虫だからな。誰かついててやんねえと心配で心配でよ。だからよ……たのむわ」「しかし、ザナルカンドなんてどうやって行けば……」「へへっ……なんでえ、なっさけねえな! おめえの言う『無限の可能性』ってヤツでなんとかしてみろよ」「……ああ! やってやろうじゃないか! 約束しよう。あんたの息子は俺が守る。死んでも……守ってやる」「すまねえな……アーロン。おめえはカタブツ野郎だが……そういうとこ、キライじゃなかったぜ」

発言者:ジェクト&アーロン 出典:FINAL FANTASY X
コメント「ジェクトがブラスカの究極召喚になる前にアーロンと交わした一連の会話。
ジェクトの息子を想う気持ちとアーロンとジェクトのお互いの想いが交差するFF10屈指の名場面。

尚、この若き日のアーロンが言っていた通り、
本当にアーロンは死んでもティーダを守った模様」

「ユウナレスカ様と戦うってのか? 冗談キツイぜ……」「じゃあ、逃げる?」「へっ! ここで逃げちゃあ……オレぁオレを許せねえよ。例え死んだってな!」「……同じ事考えてた」

発言者:ワッカ&ルールー 出典:FINAL FANTASY X
コメント「今までエボンの教えに従って生きてきたため、
極端にエボンに偏っていたワッカが様々な真実を知った事で
初めて覚悟を決め、ユウナレスカと戦う事を決意する。

実際ゲームしているとよくわかるんですが、
ここにきてワッカがかなり男前な顔になってます。

幼馴染みのルールーもこれには惚れ直した事でしょう」

道がなければ、切り開けばいい。

発言者:ルチル 出典:FINAL FANTASY X
コメント「シパーフにチョコボを乗せてもらえなかったため、
致し方なく遠回りをして幻光河を渡る事になったチョコボ騎兵隊。

それに堪らずクラスコが抗議した事に対して
ルチル隊長が言い放った台詞がこれ」

なりたい者になれるのは、なろうとした者だけだ。

発言者:キマリ・ロンゾ 出典:FINAL FANTASY X
コメント「キマリの言葉に一時的にその気になりかけるリュック。
しかし、リュックがルールーのような大人の女性を目指す宣言をすると、
「リュックはリュックのままでいい」ときっぱり言い放つキマリ。

一見キマリが
『どんなに努力をしてもリュックは
ルールーのような大人の女性にはなれない』
と言っているように聞こえなくもないが

要は「イクラがキャビアになろうとするな!シャケになれ!」
というのをキマリなりにリュックに伝えたかったのかな?という一幕」

「刹那・F・セイエイ」「王留美!?どうした?怪我をしているのか?」「何でもありません。それより、これを!」「何だ?」「ヴェーダ本体の所在が記されています」「ヴェーダの本体が?」「イノベイターにこの事を知られたら、ヴェーダを移送されてしまう!一刻も早く、ヴェーダの奪還を!」「了解した。ここから脱出を…」「私は大丈夫です」「しかし!」「私は、あなたとは行けないのです。私の事は心配しないで」「…分かった」(中略)「あなた達とは行けないのよ。求めてるものが違うんだから」

発言者:王留美&刹那・F・セイエイ 出典:機動戦士ガンダム00 2nd Season
コメント「事態はかなり切羽詰っていたにも関わらず刹那からの救援を拒絶する王留美。
ここで刹那の救援を拒絶したりしなければ本編のような幕引きの仕方はしなかっただろうに、
お嬢様特有の”ワガママ&強がり”を発動した結果、自らの破滅に王手をかけてしまう事に。

ネーナの『何でも持ってるくせにもっともっと欲しがって、そのくせ中身は空っぽ』
という台詞はまさに王留美というキャラクターを明確に表した言葉だった」

「あれだ、あのガンダムだ…! ママとパパを殺した、あの時のガンダム!!」「家族の敵!?私にだっているわよ!自分だけ不幸ぶって!(あたしは造られて…!戦わされて…!)こんなところで…死ねるかァーーー!」「そうね。死にたくないね…でも、ママとパパはそんな言葉すら言えなかったァーーー!!」「ちくしょぉぉぉぉーーーー!」

発言者:ルイス・ハレヴィ&ネーナ・トリニティ 出典:機動戦士ガンダム00 2nd Season
コメント「気まぐれで結婚式を襲って民間人(ルイスの家族)を惨殺したくせに
ガンダムマイスター相手に「私たちは仲間でしょ!」とか平気で宣うサイコパス娘の最期。
見た目が可愛いとか声が釘宮さんだとか、そんなの全て度外視で正直スッキリしました。

ちょくちょく出てくるだけで特に大した事もしなかった王留美の幕引きだけはGJ」

「旅立つのが些かはばかられますね」「そうね。千早が入ってきた時、場違いな所に来たって云ったの、覚えているかしら」「ええ、覚えていますよ」「今なら。確かに、そんな貴方の言葉の意味がよく解るわ。人が、本当に人に優しくなれる場所なんて……ほとんど無いのかもしれないわね」「……そう、ここは奇蹟みたいな場所でしたから」

発言者:妃宮千早&神近香織理 出展:処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー
コメント「香織理ルートのエピローグより。
お互い複雑な家庭の事情もあって決して真っ直ぐ育ってきたとは言い難い2人が
遅すぎた反抗期の終了と共に聖應女学院から離れる事に感慨を浮かべる場面」

「わからんな…なぜ生体兵器のお前が結城リトをかばう?」「…リトせんぱいだから」「何?」「この街に来る前のわたしなら、誰かを守りたいなんて考えられなかった。でも……そう…ちょうどこの場所でナナちゃんが教えてくれたの。“友達”の意味 そして…この彩南(まち)での暮らしでわかった。平和ボケって素敵!! 甘くて、まったりで、えっちくて……くだらないこの彩南(まち)の生活……リトせんぱいは…その中心なの。命を懸けても守る価値あると思うね」

発言者:クロ&黒崎芽亜 出典:ToLOVEるダークネス
コメント「リトに加勢する芽亜の行動に疑問を抱く殺し屋クロに対して、
ただただ直向きに答える芽亜。初期の芽亜を思うと見違える程の成長を遂げている」

生きてりゃなんとかなる!

発言者:おトキ 出典:もののけ姫
コメント「エボシに首を奪われたデイダラボッチが暴走し、
大勢の生き物の命を吸って大きくなった挙句にタタラ場に侵攻した事でタタラ場が燃え、
それを見た甲六が弱気にもう終わりだと嘆いた事に対しておトキさんが言った一言」

1 2 3 4 5 6 7 8





chigayauetsukiさん