1. まとめトップ

【ネタバレ注意】名言・名場面集的なサムシング【ジャンルフリー】

出典ごちゃまぜ、時系列めちゃくちゃ。ジャンルは三次元・二次元問わず(でも二次元多め)。たまに迷言、珍場面もあり。コメントには筆者の主観が混じる場合があり、たまに筆者の記憶違い等で誤った記述を載せている場合もあります。随時更新。

更新日: 2018年08月24日

2 お気に入り 71082 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

恥ずかしがる事ないわ 方言は言葉に付けたアクセサリー 外したければ外せばいいけど、捨てちゃダメよ それにはあなたがそこで育ったという大切なメッセージが刻み込まれているんだから

発言者:灰原哀 出典:名探偵コナン
コメント「思わず方言が出てしまった転校生の女の子が
それに驚くクラスメイトの反応を見て落ち込みかけたところに、
つかさず灰原が言った台詞。故郷は大事です」

バカね。大切なのはその知識を誰に聞いたかじゃなく、どこでそれを活用するか。今のあなたは私にとって最高のレスキュー隊員よ! ありがと、助かったわ。

発言者:灰原哀 出典:名探偵コナン
コメント「捻挫した灰原に光彦が応急処置をした時の台詞。

その応急処置の知識自体はコナンから教わった知識だったため、
光彦はそれに引け目を感じていたが、そこで灰原が言った台詞がコレ。

これをキッカケに光彦は次第に灰原に傾倒していく」

コナン君…また違う人の声出してる…

発言者:吉田歩美 出典:名探偵コナン
コメント「バレテーラ」

Tシャツで1万円超え!! 布だぜ!!

発言者:堂本光一 出典:王様のブランチ
コメント「ご尤も。

まぁ、Tシャツをフォローするなら何物にもピンキリがあるって事なんでしょうけど、
庶民の目線で見ればそんなに高額なら違う安物のTシャツでいいやってなりますよね。

だって結局は布ですもん」

子供の時から思っていた。町に住んでいるとそれはたくさんの人と出会う。しかし普通の人たちは一生で真に気持ちがかよい合う人がいったい何人いるのだろうか…?小学校のクラスの○○くんのアドレス帳は友人の名前と電話番号でいっぱいだ。50人ぐらいはいるのだろうか?100人ぐらいだろうか?母には父がいる。父には母がいる。自分はちがう。TVに出ている人とか、ロックスターはきっと何万人といるんだろうな。自分はちがう。「自分にはきっと一生、誰ひとりとしてあらわれないだろう。」「なぜなら、この『法皇の緑』が見える友だちはだれもいないのだから…見えない人間と真に気持ちがかようはずがない。」ジョースターさん、承太郎、ポルナレフ、アヴドゥルに出会うまでずっとそう思っていた。アヴドゥルとイギーのことを考えると背中に鳥肌が立つのはなぜだろう。それは目的が一致した初めての仲間だったからだ。DIOを倒すというこの旅!数十日の間だったが、気持ちがかよい合っていた仲間だったからだ。花京院典明は「法皇の緑」を見て考える!こいつを昔のように誰にも気づかせなくしてやる。そう!DIOの正体をあばき、倒すため完璧に気配を消してやろう。

発言者:花京院典明 出典:ジョジョの奇妙な冒険 第三部『スターダストクルセイダース』
コメント「某アニメでも『回想はフラグ』とよく言い表されていますが、
ご多分に漏れずこのシーンはグッとくる場面でありながらも明確なフラグでした。合掌」

今……感じる感覚は……おれは『白』の中にいるということだ…… 。DIOは『黒』!ジョースターさんたちは『白』! 『黒』と『白』がはっきり別れて感じられるぜ! 傷ついた体でも勇気が湧いてくる 『正しいことの白』の中におれはいるッ!

発言者:ジャン・ピエール・ポルナレフ 出典:ジョジョの奇妙な冒険 第三部『スターダストクルセイダース』
コメント「ポルナレフの台詞の中で一番好きな台詞。
黒と白の話はるろうに剣心で志々雄真実も言ってましたね。
四乃森蒼紫は最終的には白を取るとかなんとか」

改善するポイントが多いということは、それだけ成長する余地があるということ!

発言者:池袋晶葉 出典:アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
コメント「改善するポイントが多いということはそれだけ未熟だと思いがちですが、
逆に考えればそれだけ伸びしろがあると言い換える事も出来る。物は言いようですね」

お前に味方する『運命』なんて………お前が乗れるかどうかの『チャンス』なんて……… 今!ここにある『正義の心』に比べればちっぽけな力なんだッ! 確実にここにある!!今確かにここにある『心』に比べればなッ!

発言者:川尻早人 出典:ジョジョの奇妙な冒険 第四部『ダイヤモンドは砕けない』
コメント「紆余曲折を経てラスボス、吉良吉影を追い詰めて、この一言。
11歳の非スタンド使いであるにも関わらず、彼が残した功績は計り知れない」

「やっぱりそうだったのか! お前は去年の春に脱獄して行方をくらましていた…雨宮良造!!」「…私はあの事件で、懲役八年の実刑判決を受けた。脱獄に成功して、過去を隠して! 外の世界で…ささやかな生活を掴みかけていた…。金田一君が死んだと聞いて、居ても立っても居られなくなったんだよ…」「馬鹿な男だ」「金田一君に…最後に一言、別れの言葉を言いたかったんです」

発言者:向井猛夫&雨宮良造&剣持勇 出典:金田一少年の事件簿 永久保存版
コメント「かつて行方不明になっていた娘の真実を解き明かしてくれた一に恩を感じてか、
放課後の魔術師に変装して再逮捕の危険を犯してまで死んだ(とされていた)一の葬儀に顔を出し
一言、別れの言葉を言いに来る彼の殊勝な行動に胸打たれたのは私だけではないと思う。

雨宮良造役の河原さぶさんの感極まったような
泣きのお芝居が素晴らしいんだコレが」

…間に合った。何をすべきか、どうすべきか、やっとわかったよ。偽りの楽園、閉じられた楽園、それを絶つのが――すなわち絶園。ここまでだ。それでこれからだ。絶てっっ!

発言者:羽村めぐむ 出典:絶園のテンペスト
コメント「はじまりの樹の本体を羽村が絶園の樹で絶った時の台詞。

初登場時はナヨナヨしていまいち頼りがいもなさそうだった羽村が
世界を救うと同時に別れた彼女の危機をも救った瞬間」

「マス…ター… メモルゼ星人…って知ってる?」「?」「知ってるよね。わたしの中で全部見てたんだから…メモルゼ星人はね…大人になるとその証として分離するの…!」「私と分離するというのか? 言ったはずだぞ。変身・融合は私にしか解除できないと」「…確かに…わたし一人の力じゃどうにもできそうにない…でもね…マスター…今のわたしには友達がいるんだよ」「何?」「(封印されていても意識さえあれば、髪の毛一本動かすくらいの事は出来る…!!)」「(私に気付かれないように変身で精神侵入の糸を伸ばし……外部に連絡を!?)」「来ましたっ!!!メアさん!! 念力集中!!」「(村雨静!! 精神感応に通じる力をもつ思念体 メアの肉体から私を引きずりだそうと言うのか!!)」「外側から村雨せんぱいの念力…内側からわたしの変身能力…一人ずつじゃ無理でも…二人の力なら…!!」(中略)「マスター、今までありがとう。これからは、自分の道は自分で選ぶよ…!」「(メア…)」

発言者:黒咲芽亜&ネメシス&村雨静 出典:ToLOVEるダークネス
コメント「登場初期から何をするにもまずマスターネメシスからの指示を仰ぎ、
それに従って生きてきたメアが彩南で出会った物や人達の中で少しずつ成長を重ね、
ついには友達の力を借りるまでに至り、マスターネメシスという存在から解き放たれたシーン。

既に掲載している後のクロとのやり取りも合わせて考えると、
ToLOVEるダークネスで一番成長したのはメアって気がします。

ナナとの友情も含めて、ToLOVEるダークネスは黒咲芽亜の成長物語」

お言葉ですが、かがみさんを『ツンデレ』と称するのは些か早計かと思われます。いわんや、我々は『ツンデレ』について真の理解を成し得ているのでしょうか?いや、残念ながら今や『ツンデレ』はその後の普及と反比例して定義の混濁が進んでいると言えましょう。そもそも『ツンデレ』という語が誕生した2002年ネット上での事でしたが、その際掲げられた定義とは『最初はツンツン、やがてデレデレ』そう!つまり時間経過による心境の変化を指し示すものだったのです!それが今ではまるでキャラクターの二面性を示す言葉、即ち『表面上はツンツン、本心はデレデレ』のように理解されてしまっています!あえて断言しよう!それは明らかな誤謬であると!

発言者:白石みのる 出典:らっきー☆ちゃんねる
コメント「当時らき☆すた観てて「よく言った、白石!」って感じでした。
彼が言うように『ツンデレ』は最初は対象に対して恋愛感情なんてないんですよね。

よく巷で言われている「普段はツンツン、二人きりになるとデレデレ」というのは、
つよきすの椰子なごみが主人公の対馬レオと結ばれた後も人前ではデレデレしない反面、
レオと二人きりになった途端デレデレし始めるのに由来してるのかな、と思ったり。

まぁ、そのなごみも最初はレオに対して、
滅茶苦茶ツンツンしてたんですけどね。

ツンデレというのは、
そのツン期があってこそだ、と
声を大にして言いたい」

「ふ、ふざけるな 憐れみなどいらん!! 貴様に俺の気持ちがわかってたまるかーーーーっ!!」「憐れみではない!! 俺には貴様の気持ちがよくわかる!」「なっ!! ま まさかそれは…………!!」「そうだ おまえと同じ孤戮闘の証!! 俺も場所こそ違え あの地獄をくぐりぬけてきた………!!」「………!!」「安らかに眠るがいい 紫蘭という手強い敵がいたことを俺は忘れない」「れ 礼をいう 伊達臣人…………!! お おまえは俺に初めて人のやさしさというものを教えてくれた…………!!」(中略)「こ 今度生まれてくる時は………!!」「ああ 桜咲く男塾の校庭でまってるぜ」

発言者:紫蘭&伊達臣人 出典:魁!!男塾
コメント「伊達も自分と同じ地獄を経験してきたと知り、
心の底から負けを認め、最期の最期に伊達に友情を感じる紫蘭。

王家の谷の守護者達(ファラオ・スフィンクス)のホルスといい、
後に出てくる神拳寺の仁将といい、伊達はよく男に惚れられる男です(仁将は女だけど)」

「ではでは、13年間お疲れ様でした」「した!」「お相手は、営業部長、櫻井孝宏」「宣伝部長、鈴村健一」「「企画部員、松来未祐でした! ばいば~い!!」」

発言者:櫻井孝宏&鈴村健一 出典:有限会社チェリーベル 最終回
コメント「2015年10月27日、悪性リンパ腫によって亡くなった声優の松来未祐さんが
生前、櫻井孝宏さんと鈴村健一さんと共にやっていたラジオが改編期でもない2015年11月6日に
急遽、松来未祐さんの追悼放送という形で最終回を迎えた際に行ったエンディングでの挨拶。

お二人が声を揃えて松來さんの名前を読み上げる下りは涙無しでは聴けませんでした」

「だけど、こうなってみて思うのは……やっぱり、ここに住んでいるのは皆さん良い人ばかりなんだなっていうことです」「……そうですね。普通、こんないざこざが起こったら、寮の中の雰囲気はもっと悪くなっているのではないかと思いますし」「……うん、そうだね。でも逆に、どんなに良い人が集まっても、問題って云うのは起こるんだなあって」「人間……ですからね」

発言者:妃宮千早&渡會史&七々原薫子 出典:処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー
コメント「問題当事者(香織理さん)とその問題提起に異議申し立てを行った人間(千早)と
問題提起をした人間を庇う側の人間(初音さん)が同じ寮にいる現実を省みてのやり取り。

どんなに良い人が集まろうと、それぞれの価値観が違う以上、
そこに主張の違いが生じてしまうのは必然で、ちょっとした事で意見の対立、
ひいては程度の違いはあれど抗争にまで発展してしまう可能性というのは
常に存在してるんですよね。人間関係とは、本当に難しいもんです」

「研、話がある。地球の危機は地球を奪い取ろうとする我々の危機でもある。そうではないか?」「何が言いたいんだ」「研、アイアン星をぶっ潰すそうではないか。俺とお前が手を組むのだ」「魔王!」「アイアン星が消滅したら再び俺とお前は敵同士だ。フフフ、どうだ研」「魔王、嘘ではないな!?」「地球が爆発したら俺達が困る」「よし、わかった。束の間の握手だ!」

発言者:魔王&泉研 出典:チャージマン研!
コメント「11話「地球を守れ!」より。
全65話のアニメの11話にして既に最終回の様相を呈している」

やった、やったぞ!これで地球の危機は去ったのだ!

発言者:魔王 出典:チャージマン研!
コメント「チャージマン研との共闘の末、
地球の危機を救い、その喜びを露わにする魔王様。

一方、この一件でジュラル星人に対して更に敵意を強めるチャージマン研。
しかも今回、地球を救うのに協力してくれた魔王様に対してお礼の言葉もなし。

明らかにヒーローと悪役の描写が逆じゃね?」

そりゃあ、科学力は確かに我々ジュラル星人の方がはるかに優れている! しかし、地球人は我々の失った尊いものを持っている! 心だよ! 感情だよ! 地球の人々は守りあっている! 美しいものに、泣くことさえあるんだ!

発言者:師範代(ジュラル星人J-7号) 出典:チャージマン研!
コメント「主人公の泉研よりはるかに人間らしい心を持った
ジュラル星人のネタ的な意味ではなくガチな方の名言。ジュラル聖人」

「潤一郎殿、中立のあなたが我らの邪魔をされるのですか?世界の存亡がかかっているのですよ!あの攻撃が続けば続くほど我らの世界が消滅する危険が高まるのですよ…!?なぜ我らを否とする判断をされたのです!?」「決まっている。あのお姉さんの乳がいい感じに揺れていたからだ!」「エ…」「そんな人を助けないなんて男じゃないだろう!違うかい!?」「…違います」

発言者:鎖部夏村&星村潤一郎&エヴァンジェリン山本 出典:絶園のテンペスト
コメント「読者に潤兄さんの人となりが一発で伝わり、
その上、夏村さんの生真面目さも描写出来るという一石二鳥。

そもそもこのために山本さんのスタイルを豊満にしたんじゃないか
と思わず疑ってしまうのは私が城平京作品のファンだからでしょうか。

螺旋の鳴海清隆なら「それも計算して、だな」とか言いそう」

…世界などのためより、惚れた男のための方が迷わずことを選べる。人は究極のところ「何か」のためより、「誰か」のための方が強くあれるのだ。

発言者:鎖部葉風 出典:絶園のテンペスト
コメント「世界のためと言うとスケールが大きすぎてピンとこないし嘘くさいけど、
誰か近しい人のためと言えば状況把握も難しくない上に説得力もある気がします」

「姫宮、冷静になって考えませんか?私が死なないとどうなると思います?」「黙れ!世界がどうなろうが文明がどうなろうが私は知らん!そんな大層なものに命を張れるほど私はできた人間ではない!」「ああ、それは私も同じです。別に人類や文明がどうなろうが私も構わないんですよ。そんなもののために死んでやる気は更々ありません」「何っ!」「このままでは残り十年ばかりで人類には破滅が訪れます。そうなれば吉野さんやマヒロも死んでしまうかもしれないんですよ?本来なら「絶園の魔法使い」が間接的に「はじまりの樹」の破壊を誘導する行為は想定されていません。やるべきではないかもしれません。でも、吉野さんやマヒロの未来のためなら私も命を賭けましょう。こんな私をいつも守ろうとしてくれたあの二人のためになら」

発言者:鎖部葉風&不破愛花 出典:絶園のテンペスト
コメント「過去へ遡り、生前の愛花と対話する事で互いに反発し合う両者。
一方は日常的に感情を抑え込む吉野を問い詰め、押し殺していた悲しみを呼び戻した葉風。
一方はそれで葉風が吉野を追い詰めた事実を知って激昂し、葉風を強く責め立てる愛花。

絶園の魔法使いとはじまりの姫宮という立場でさえなければ、
この両極端な性格は案外いい感じに噛み合っていたんじゃないかなぁ
と思うんですが、この世界観ではその立場が全てですからねぇ」

「真広君、いつまでやせ我慢する気だい? きみは間違っている。ここは怒るべきところだ」「何言ってんだ?ここで怒るのは理屈に合わねえだろ」「理屈理屈うるさいわあーーーっ!」「ちょっ羽村さん!落ち着いて!真広は真広なりに…」「きみもきみだああっ! いくら理屈に合ってても、愛花さんがそう望んでも、そんな風に平気な顔して受け入れるのが正しいのかい!?それは人間として正しいのかい!?そもそもその理屈は誰が作ったものだい!?かっこつけてる場合じゃないよ!とにかく周りなんて気にせず怒って叫んで泣くくらいじゃないとダメなんだ!愛花さんもバカなことをしたって怒るべきだ!正しいなんて認めちゃダメだ!不合理でも、理屈に合ってなくても、そうしないとダメだ!そんなだからきみらはずっと復讐とか何だとか、前に進めずいつまでも後ろ向きなんだ!まだ何も終わっちゃいないよ!」

発言者:羽村めぐむ&不破真広&滝川吉野 出典:絶園のテンペスト
コメント「絶園の魔法使いとして強大な力を持ちながらも、
一方ではこうして必死に”人間としての普通の感性”を主張する羽村。

登場して暫くは城平京作品にしては普通のキャラだなと思っていたけど、とんでもない。
羽村は普通である事で逆に際立ったキャラクターを確立させた列記とした城平キャラです」

この世に弱い女は居ねえよ。居るのは強い女と怖い女の二種類だけだ。(中略)ただ俺の妹は強くて怖い女だったがな。

発言者:不破真広 出典:絶園のテンペスト
コメント「葉風のバイト先の上司のお節介に対して真広が言った一言。
『強くて怖い女』というのは、スパイラルの結崎ひよのにも通じますね。

というかこの台詞自体、城平京作品に登場する女性キャラを象徴するような表現」

思い出は、心の中に。(中略)思い出は優しいから、甘えちゃダメなの!

発言者:リュック 出典:FINAL FANTASY X
コメント「長いようで短い人生、思い出に甘えて、
その場に停滞してしまうのは、とても勿体無いことです」

「不思議ね。もっと悲しいと思ってた。人と別れる事に慣れすぎたのかな」「強くなったんだろ」「そうね……そうだといいね」

発言者:ルールー&ワッカ 出典:FINAL FANTASY X
コメント「初めてルールーがガードを務めた召喚士ギンネムとの戦闘後の台詞。
ワッカの優しい言葉と、それを受けてのルールーの返答がとてもグッとくる一幕」

「誰かが祈り子になる必要があるなら……私、いいよ」「オレもだ、ユウナ!」「それじゃあオヤジたちと一緒だろ!ナギ節つくって……そんだけだ!また復活しちゃうだろ!」「あのな……『シン』を倒して、ユウナも死なせねえ。そんで『シン』の復活も止めたいってか?全部叶えば最高だけどよ!」「欲張りすぎたら……全部失敗するわ」「イヤだ。欲張る」「青くさいこと言うなよ!」「青くてもいい!大人振ってカッコつけてさ。言いたい事も言えないなんて絶対イヤだ!そんなんじゃ何も変えられない!オレ……この青さは失くさない」

発言者:ルールー&ワッカ&ティーダ 出典:FINAL FANTASY X
コメント「欲張ると全部失敗する、というルールーの意見もわかりますが、
仮にそのまま誰かが究極召喚の祈り子となってシンを倒していたならルールーやワッカのような
『聞き分けの良さ』が災いしてシンが再び猛威を振るう結果となっていただろう事は
想像に難くないので、この場合はやはりティーダの意見が正解でしょう。

但しこういうワガママが通るのはその発言に責任が持てる時だけです」

オッサン、あんたまるでバグだぜ。俺バグるゲーム嫌いなんだ。

発言者:キルア・ゾルディック 出典:アニメ「HUNTER×HUNTER」(1999)
コメント「ベンドットとの戦いを開幕早々にギブアップした事に関して、
自らの持論を以てここいらが潮時とトンパが語った時のキルアの台詞。

これは原作にはない、フジ版オリジナルの台詞ですが
ゲーム好きなキルアの性格をよく表していて、個人的にとても気に入ってます。

……でも、バグ込みで楽しめるゲームってのも乙なもんだよキルア」

古畑……俺の計画は、尽くしくじった。だが、一つだけ正解だった事がある。……お前を呼んだ事だ。

発言者:安斎亨(津川雅彦) 出典:古畑任三郎 Season3
コメント「古畑の説得により犯行を思い留まった安斎が感極まった様子で言った台詞」

開発が楽しくなくて、いいものは作れまい。

発言者:池袋晶葉 出典:アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
コメント「あらゆる創作に通じる言葉だと思います。
産みの苦しみがある事は前提として、製作者が楽しんで作っている作品は
多くの人を楽しませる力を持っている事が多いです」

人は傷ついた分だけ強くなれるといいますが、私は、誰でもそうとは思いません。一人で強くなれる人は、元から強いんです。

発言者:三船美優 出典:アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
コメント「SR[癒しの女神]特訓コミュより。
岡本真夜さんのTomorrowよろしく涙の数だけ強くなれる人もいれば、
それが出来ずにその場で足踏みをしてしまう人もいる。真理です」

1 2 3 4 5 6 7 8 9