1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

クロナッツに続く新スイーツ「ミルク&クッキーショット」がおいしそう!

ニューヨークで話題となったスイーツ「クロナッツ」ですが、それに続く新スイーツ「クッキーショット」がクロナッツに勝るとも劣らない人気となっています。新スイーツ「クッキーショット」に関してまとめてみました。

更新日: 2014年05月11日

523 お気に入り 153945 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aiueossanさん

話題であったスイーツ「クロナッツ」

クロナッツの生みの親は、ミシュラン3つ星を獲得したことがあるニューヨークのレストラン『ダニエル』のペストリー・シェフだったドミニク・アンセル氏。

世界に拡散中!NY発の新スイーツ「クロナッツ」がおいしそう♪ - NAVER まとめ

それに続く新たなスイーツ!「ミルク&クッキーショット」!

生みの親は「クロナッツ」と同じ、ドミニク・アンセル・ベーカリーのドミニク・アンセル氏

食べられるショットグラスにミルクを注ぐ!

チョコレート・チップ・クッキーでできたショットグラスに ヴァニラ・フレーバーのミルクを注いで食べるという新たなスイーツ!

工夫もいろいろ丁寧な仕上がり!

内側に耐熱性のあるグレーズがコーティングされ、 牛乳を注いでも クッキーが崩れないように工夫されています!

注ぐミルクは、バニラビーンを24時間浸して仕上げられた少しだけ甘みのあるクリーミーな味わい

味わった人々も 「牛乳の可能性を極めた」とまで言わせる仕上がり。

おすすめの食べ方!

食べ方のコツは、牛乳を少し飲んではクッキー・カップをかじって、また飲んではかじるといった調子で、 ミルクとクッキーの両方を少量ずつ味わっていくことだそうです。

クッキーショットはどのようにして生まれた?

アメリカの子供達に親しまれている食べ方「クッキーを牛乳に浸しながら食べる」という習慣、この「子供のおやつ」からヒントを得て、今回の新商品を起案した

1日200個限定のクッキー・ショットはあっという間に完売!

クロナッツが発売されてからの10ヶ月間、新しいコンセプトのデザートが2品紹介されましたが、クロナッツ以来の行列になったのが今回のクッキー・ショットです

人気すぎて「クロナッツ」との時間をずらし販売!

1 2